• 安田顕主演×大森立嗣監督で映画化『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

    2018年09月26日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    宮川サトシさんの漫画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が、安田顕さん主演で実写映画化されることが発表されました。

    同作は2019年2月公開予定、監督・脚本をつとめるのは「まほろ駅前多田便利軒」「さよなら渓谷」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」などを手がけた大森立嗣さんです。

    ※【2018/11/19更新】映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の予告編が公開されました!

    『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は、Web漫画サイト「くらげバンチ」で連載された漫画。作者自身が体験した母との最期の日々、亡くなったときのこと、そして母の死後日常のふとした瞬間に抱く“母のいない世界の違和感”を、独特のユーモアを含みつつ淡々とまっすぐに描いています。

    映画では安田顕さんが主人公のサトシを演じるほか、母・明子役で倍賞美津子さん、サトシの恋人・真里役で松下奈緒さん、サトシの兄・祐一役で村上淳さん、父・利明役で石橋蓮司さんが出演。

    公式サイトにはキャスト5名と、原作者の宮川サトシさん、大森立嗣監督によるコメントが掲載されており、宮川さんは「『こんなどこにでもある話をやめといて~』と、お袋は恥ずかしがるだろうけど…大好きな映画になれて良かったねぇ笑」、大森監督は「出演者たちの笑顔や泣き顔を未だに思い出します。早く皆さまにお届けしたいです」とコメントを寄せています。

    〉映画公式サイト
    http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/

    〉くらげバンチ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
    https://kuragebunch.com/episode/10834108156628844899

    母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
    著者:宮川さとし
    発売日:2014年08月
    発行所:新潮社
    価格:605円(税込)
    ISBNコード:9784107717610




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る