• 岡崎琢磨

    『夏を取り戻す』の執筆で、岡崎琢磨さんの“取り戻せなくなってしまった夏”とは――?

    2018年09月30日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当
    Pocket

    「珈琲店タレーランの事件簿」シリーズで知られるミステリ界の新鋭・岡崎琢磨さん。9月28日(金)、岡崎さんによる書き下ろし長編『夏を取り戻す』が、東京創元社より発売されました。

    物語の舞台は“もうすぐ21世紀がやってくる頃”。単なる家出と思われた子どもたちの連続失踪が、次第に地域全体を巻き込む大事件へと発展していきます。実はこの事件は子どもたちの“闘い”でもあるのですが、はたしてその真相とは――。

    そんな『夏を取り戻す』ですが、執筆に明け暮れた岡崎さんにとって、今年の夏は“取り戻せない夏”となってしまったようです。今回は、本作の〈もうひとつのあとがき〉ともいえるエッセイを、岡崎さんに綴っていただきました。

    夏を取り戻す
    著者:岡崎琢磨
    発売日:2018年09月
    発行所:東京創元社
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784488020040

     

    取り戻せない夏

    あとがきに「読者にとっては作品がすべてだから苦労話を書き綴るつもりはない」と書きました。まさか、執筆中の苦労にまつわるエッセイの依頼が来るとは思わなかったのです。しかしせっかくの機会ですから、『夏を取り戻す』の執筆がいかに大変だったか、ここに記してみます。

    設定やアイデアをまとめたファイルの最終変更日時が2016年1月となっていますから、ここを出発点と考えていいでしょう。発売の2年半以上前です。その後、プロットは第4バージョンまで作られ、原稿用紙にして150枚に膨れ上がりました。

    どれほどの大長編になることやら、と思いつつ執筆に入りました。ところが、です。初稿を書き上げたのは2017年10月半ば、枚数は……360枚。あれ? 文庫だと300ページを下回るくらいの短さです。

    もちろん手応えはありませんでした。そしてここから、怒涛の改稿が始まるのです。

    2稿での最大の変更点は視点人物を追加したことでした。元は40代の探偵役視点でしたが、どうも書きにくい。結局、若い男性の一人称視点になりました。

    2稿の完成は2018年1月末。語り口はだいぶ滑らかになりましたが、まだまだ問題は山積み。刊行時期をずらせない事情があり、改稿はしだいに時間との戦いになっていきます。

    3稿を3月上旬、4稿を4月中旬、このあたりからは部分的な修正になりますが、5稿を5月中旬、6稿を6月上旬に上げました。枚数はいつの間にか600枚を超えていました。依然完成には程遠い状況でしたが、スケジュールの都合上、ここで入稿となります。

    初校ゲラの作業の開始は7月半ば。担当さんと頻繁に会い、鉛筆入りのゲラを受け取って修正していきます。もうゲラの段階なのにあまりに修正が多いこと、さらには時間がないことによるプレッシャーで、持病の過敏性腸症候群が悪化してしまいました。帳尻は合わず、最後は約200ページを2日で一気に見ることになり、ほとんど寝ずにゲラを手ずから出版社に届けました。

    しかし再校ゲラに至っても、まだ作品の根幹に関わる問題が未解決であることが露呈し、ここでもゲラが燃えて見えるほど入朱しました。担当さんと毎日のように話し合い、腹痛に耐え、最後は徹夜しても間に合うかわからず、不安が膨らみすぎて呼吸がおかしくなったほどでした。何とか最後まで見終えたゲラを出版社に届けたときには、真っ白な灰の状態でした。

    3校の確認は1日で済み、作品が完全に手を離れたとき、暦は9月を迎えていました。『夏を取り戻す』に全力投球しているあいだに、気づけば夏は終わっていたのです。思い出は何ひとつありません。平成最後、と各所で謳われた2018年の夏は、決して取り戻せないものとなってしまいました。

    そんな、ひと夏を、いやそれ以上の膨大な時間を費やして書き上げた、血と汗の結晶です。たくさんの方に楽しんでいただければ、その苦労も報われます。いまはただ、そうなることを祈るばかりです。

    岡崎琢磨 Takuma Okazaki
    1986年、福岡県生まれ。京都大学法学部卒業。2012年『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』でデビュー。第1回京都本大賞を受賞し、同シリーズは累計220万部を超えるベストセラーとなる。ほか、著作として『季節はうつる、メリーゴーランドのように』『春待ち雑貨店ぷらんたん』『さよなら僕らのスツールハウス』『病弱探偵 謎は彼女の特効薬』など多数。

    夏を取り戻す
    著者:岡崎琢磨
    発売日:2018年09月
    発行所:東京創元社
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784488020040

     

    関連記事

    「珈琲店タレーランの事件簿」の岡崎琢磨さんは書店回りが大好物




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る