• 本日映画が公開『コーヒーが冷めないうちに』の最新刊が発売!今度の舞台は北海道の喫茶店

    2018年09月21日
    楽しむ
    日販 仕入部 金子
    Pocket

    有村架純さん主演で映画化された『コーヒーが冷めないうちに』。公開初日である本日9月21日(金)、シリーズ第3弾となる最新作『思い出が消えないうちに』が発売されました。

    思い出が消えないうちに
    著者:川口俊和
    発売日:2018年09月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784763137203

     

    舞台は北海道・函館の「喫茶ドナドナ」に

    第1作『コーヒーが冷めないうちに』、第2作『この嘘がばれないうちに』の舞台は、ある席に座ると過去に戻ることができるという不思議な喫茶店・フニクリフニクラ。

    しかし今作では、北海道・函館にある「喫茶ドナドナ」を舞台に物語が展開されます。

    喫茶ドナドナも、同じく「過去に戻ることができる」という噂のある喫茶店。ところが、過去に戻るには多くの面倒な「ルール」がありました。

    この噂を聞きつけてさまざまな人が店を訪れるものの、なかには「結局戻ることなんてできないんだ」と腹を立てて帰る人も。

    一方で、厄介なルールを聞いても「過去に戻りたい」と強く願う人もいます。そういった人々には、「不幸な境遇に追いやった両親へ復讐を図りたい」や、「亡くなった妻に感謝の気持ちを伝えたい」など、それぞれの事情がありました。

     

    「過去に戻っても現実は変わらない」という残酷なルール

    喫茶ドナドナには、フニクリフニクラと同じく「過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない」という制約があります。

    変えられないのであれば、過去に戻る意味もない、とも思いますが、本書ではそんな考えを覆す、印象的な言葉が飛び出します。

    「現実は変わらなくても変わるものもあるのよ」

    過去から未来へ向かう一つの時間軸だけでは、見落としてしまうことがたくさんある。現在から過去へ戻った時に、どのような変化がもたらされるのでしょうか。

    セリフが登場する場面は、本書を読んでのお楽しみです。

     

    それぞれの思いを抱えた4人が登場

    本書には「『ばかやろう』が言えなかった娘の話」「『幸せか?』と聞けなかった芸人の話」「『ごめん』が言えなかった妹の話」「『好きだ』と言えなかった青年の話」の4つが収録されています。

    不器用な登場人物たちが、過去に戻ったことで新たな発見をし、一歩前に進む、胸が温かくなる作品です。ぜひ映画とあわせてお楽しみください。

    コーヒーが冷めないうちに
    著者:川口俊和
    発売日:2015年12月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784763135070
    この嘘がばれないうちに
    著者:川口俊和
    発売日:2017年03月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784763136077
    思い出が消えないうちに
    著者:川口俊和
    発売日:2018年09月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784763137203

     

    映画「コーヒーが冷めないうちに」作品情報

    監督:塚原あゆ子(「アンナチュラル」「Nのために」)
    脚本:奥寺佐渡子(「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」)

    出演:
    有村架純 健太郎 波瑠/林遣都 深水元基 松本若菜/薬師丸ひろ子/吉田羊 松重豊 石田ゆり子

    2018年9月21日(金)より東宝系にて公開

    http://coffee-movie.jp/

    ©2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

     

    関連記事

    【編集担当者による作品ガイド】『コーヒーが冷めないうちに』の続編『この嘘がばれないうちに』は、不器用で優しい「嘘」の物語
    『コーヒーが冷めないうちに』が映画化!有村架純・健太郎・波瑠・石田ゆり子ら出演
    有村架純主演「コーヒーが冷めないうちに」本編映像が公開!
    「コーヒーが冷めないうちに」映画主題歌をYUKIが書き下ろし!いち早く聴ける予告映像も公開




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る