• 大人になったのはクリストファー・ロビンだけじゃない:「プーと大人になった僕」ほか今週公開の映画

    2018年09月16日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    9月14日公開「愛しのアイリーン」

    『ザ・ワールド・イズ・マイン』『宮本から君へ』で知られる新井英樹さんの漫画が史上初めて映画化! 監督は「ヒメアノ~ル」で日本を震撼させた𠮷田恵輔さんがつとめます。

    同作を“もっとも影響を受けた漫画”と公言する吉田監督。主演の安田顕さんをはじめ、木野花さん、伊勢谷友介さんら実力派俳優が揃う一方、フィリピンオーディションで監督に見出された新星 ナッツ・シトイさんがヒロイン役に。原作ファンは必見です!

    一世一代の恋に玉砕し、家を飛び出した42歳のダメ男・宍戸岩男(安田顕)はフィリピンにいた。コツコツ貯めた300万円をはたいて嫁探しツアーに参加したのだ。30人もの現地女性と次々に面会してパニック状態の岩男は、半ば自棄になって相手を決めてしまう。それが貧しい漁村に生まれたフィリピーナ、アイリーン(ナッツ・シトイ)だった。岩男がとつぜん家を空けてから二週間。久方ぶりの帰省を果たすと、父の源造(品川徹)は亡くなり、実家はまさに葬儀の只中だった。ざわつく参列者たちの目に映ったのは異国の少女・アイリーン。これまで恋愛も知らずに生きてきた大事な一人息子が、見ず知らずのフィリピーナを嫁にもらったと聞いて激昂するツル(木野花)。ついには猟銃を持ち出し、その鈍く光る銃口がアイリーンへ……!

    映画「愛しのアイリーン」公式サイトより)

    原作はこちら

    愛しのアイリーン 上
    著者:新井英樹
    発売日:2010年12月
    発行所:太田出版
    価格:1,598円(税込)
    ISBNコード:9784778321307

     

    9月14日公開「3D彼女 リアルガール」

    2次元を愛するオタク高校生に、ひょんなことから美少女(3次元)の彼女ができた! リアルな世界でジタバタしながら、人を好きになる喜びと切なさを少しずつ知っていく主人公。しかし交際スタートから半年、「私のことは忘れて」と言い残して彼女は去ってしまう……。

    笑って泣けるさわやかな純愛ラブコメ。ヒロインを中条あやみさん、主人公のつっつんを佐野勇斗さんが演じるほか、つっつんがこよなく愛する魔法少女「えぞみち」の声を神田沙也加さんが担当しています。

    筒井光は2次元を愛する超絶オタクの高校3年生。両親と弟にも心配され、学校ではまったく存在感がないが、大好きなアニメ『魔法少女えぞみち』のヒロイン・えぞみちと、オタク仲間でネコ耳をつけた親友・伊東悠人のおかげで何とか生きのびていた。この日も伊東と「リアルに触れあわず2次元の中に生きよう」と話していたが、教師に呼び出された俺様系イケメンの高梨ミツヤに命令され、身代わりに職員室に向かうことになる。同じくそこに呼び出されていたのは、不良、ビッチ、男グセが悪い、女ウケが悪い、いいのは顔だけで性格は最悪……と噂される超絶美少女・五十嵐色葉。一緒にプール掃除をすることになった筒井は挙動不審になり、色葉とふたりでプールに落ちてしまう。ブレザーを脱ごうとする色葉に、筒井がさらに挙動不審になっていると、色葉は「筒井は呼びづらいから、つっつんでいい?恋とかした方がいいよ。何ならあたしがつきあってあげようか?」と、自分のペースで切り込んでくる。思わず激高するつっつんに、色葉は冗談のつもりだったと答えて去って行く。

    後日、色葉に謝るために彼女のあとをつけて書店を訪れていたつっつんは、色葉が万引きの濡れ衣を着せられているところに遭遇する。勇気をふりしぼって色葉のアリバイを詳細に説明するが、逆にストーカーに間違われる始末。次こそはヘマをせずちゃんと謝ろうと練習するつっつんの前にあらわれた色葉は、「あたしとつきあって」と意外な言葉を口にする。しかも半年間の期限付きで彼氏になってほしいという突然の告白を受けたつっつんは、新手のイジメだと疑いながらも、交際をスタート。色葉から言われた「送り迎え」「守る」「一緒にごはん」「デートする」「プレゼント」「ちゅー」という彼氏の条件に応えようと、努力をする日々が始まった。

    映画「3D彼女 リアルガール」公式サイトより)

    原作はこちら

    3D彼女リアルガール 1 新装版
    著者:那波マオ
    発売日:2017年08月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784063659245

     

    9月14日公開「響―HIBIKI―」

    「マンガ大賞2017」で大賞を受賞した『響~小説家になる方法~』が、欅坂46 平手友梨奈さん主演で実写映画化! 文学界を揺るがし、周囲の人間をも変化させていく響が、スクリーンでも暴れまわります。

    監督は「センセイ君主」を手がけた月川翔さん、脚本は「劇場版 TIGER&BUNNY」「信長協奏曲」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の西田征史さん。主題歌は平手さんの歌う「角を曲がる」です。

    スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。
    15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
    しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
    世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
    響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。
    一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

    映画「響―HIBIKI―」公式サイトより)

    原作はこちら

    響~小説家になる方法~ 1
    著者:柳本光晴
    発売日:2015年02月
    発行所:小学館
    価格:596円(税込)
    ISBNコード:9784091867698

    “圧倒的才能”で読者を魅了!マンガ大賞受賞作『響~小説家になる方法~』:著者コメント入りイラスト公開中!
    『響~小説家になる方法~』実写映画で欅坂46平手友梨奈が初主演!2018年9月公開

     

    9月14日公開「プーと大人になった僕」

    あの『くまのプーさん』が実写映画化! クリストファー・ロビンは大人になり、プーさんは原作小説に近い、本来のぬいぐるみの姿をしています。ロンドンで再会し、プーに頼まれて再び「100エーカーの森」を訪れるロビン。しかし仕事に戻らなければならないことを思い出し……?

    ユアン・マクレガーさんが主演をつとめることでも話題になった本作。普段忙しく過ごしている大人にこそ見てほしい、“大切なもの”に気付かされる作品です。

    少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経った──
    大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリスファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。
    プーに「森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ」と頼まれたクリスファー・ロビンは、子供の頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子。仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」と、悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議の重要な書類を忘れてしまう……。
    一方、クリストファー・ロビンの忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、ロンドンへと向かう。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるために──

    映画「プーと大人になった僕」公式サイトより)

    ノベライズはこちら

    プーと大人になった僕
    著者:エリザベス・ルドニック しぶやまさこ
    発売日:2018年09月
    発行所:偕成社
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784037921705
    プーと大人になった僕
    著者:エリザベス・ルドニック 富永晶子
    発売日:2018年09月
    発行所:講談社
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784065130490

    40年前に北米で連載された「プーさん」の漫画が日本初コミックス化!

     

    9月15日公開「きらきら眼鏡」

    原作は、「ふしぎな岬の物語」のタイトルで映画化された『虹の岬の喫茶店』、高倉健さんの遺作となった映画の原作『あなたへ』などで知られる森沢明夫さんの同名小説。今回の映画化は、森沢さん自らが犬童一利監督に熱烈なオファーをしたことで実現したのだそうです。

    主演は、新人俳優の金井浩人さん。またダブル主演となる池脇千鶴さんが、ヒロインのあかねを演じます。

    「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく――。

    映画「きらきら眼鏡」公式サイトより)

    原作はこちら

    きらきら眼鏡
    著者:森沢明夫
    発売日:2018年07月
    発行所:双葉社
    価格:860円(税込)
    ISBNコード:9784575521290




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る