• 40年前に北米で連載された「プーさん」の漫画が日本初コミックス化!

    2018年09月10日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ユアン・マクレガー主演、マーク・フォスター監督で9月14日(金)に公開される映画「プーと大人になった僕」。

    公開を控えた9月10日(月)、1970~80年代にかけて北米の新聞で連載された漫画「Winnie the Pooh」初の日本語訳版コミックスが、KADOKAWAより第1巻・第2巻同時発売されました。

    漫画のイラストは過去さまざまな商品に使用されてきましたが、1冊の本にまとまって発行されるのは本書が日本初。

    1巻につきたっぷり220編収録されており、当時のままの英語版に加え、日本語翻訳も一緒に掲載されています。

    くまのプーさんオリジナルコミックス日本語訳版 1
    著者:和波雅子
    発売日:2018年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784041073476

    なお原作小説は、国内のさまざまな作家によって翻訳され刊行されています。ぜひこちらもあわせて楽しんでみてください。

    クマのプーさん 新版
    著者:アラン・アレクサンダー・ミルン 石井桃子
    発売日:2000年05月
    発行所:岩波書店
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784001140088
    クマのプー
    著者:アラン・アレクサンダー・ミルン 森絵都
    発売日:2017年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:562円(税込)
    ISBNコード:9784041053744
    ウィニー・ザ・プー
    著者:アラン・アレクサンダー・ミルン 阿川佐和子
    発売日:2016年07月
    発行所:新潮社
    価格:497円(税込)
    ISBNコード:9784102200469
    世界一のクマのお話
    著者:アラン・アレクサンダー・ミルン 森絵都
    発売日:2018年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:821円(税込)
    ISBNコード:9784041053737

     

    映画「プーと大人になった僕」作品情報

    少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経った──
    大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリスファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。
    プーに「森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ」と頼まれたクリスファー・ロビンは、子供の頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子。仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」と、悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議の重要な書類を忘れてしまう……。
    一方、クリストファー・ロビンの忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、ロンドンへと向かう。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるために──

    映画「プーと大人になった僕」公式サイトより)

    2018年9月14日(金)公開

    https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html

    ©2018 Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る