• セレベスト織田信長 とくとご堪能

    WEBマンガ総選挙第4位!『セレベスト織田信長』が超面白いのに人にオススメしづらい件

    2018年09月15日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    『セレベスト織田信長』が「WEBマンガ総選挙」で第4位にランクイン!

    9月13日(木)、“今最も愛されているWEBマンガ”を読者投票で決める「WEBマンガ総選挙」の結果発表が行なわれました。

    トップ3の『四十七大戦』『うらみちお兄さん』『おじさまと猫』をはじめ、女性ファンの多い作品が上位に並ぶなか、皆さんは“明らかにほかの作品とは異なるオーラを放つ作品”があるのに気づきましたか? その光景は、マカロンやパンケーキにまじって、背脂ギトギトのこってりラーメンが鎮座しているかのよう。

    その作品のタイトルは、『セレベスト織田信長』です。

    セレベスト織田信長 1
    著者:ジェントルメン中村
    発売日:2017年09月
    発行所:リイド社
    価格:680円(税込)
    ISBNコード:9784845850600

    『セレベスト織田信長』は、ジェントルメン中村さんがリイド社のWebサイト「リイドカフェ」にて連載しているバトルコメディ漫画。財団法人「第六天魔」会長・織田信長を主人公に、セレブの中のセレブ=セレベストたちが究極の贅沢を競い合う姿が描かれています。

    読者投票で入賞作品を決める「WEBマンガ総選挙」。そこで上位にランクインしたということは「熱いファンがたくさんいる」ということなのですが、今回初めてこの作品を知った方も多いかもしれません。

    そう、実はこの作品、「かなり読者を選ぶ漫画」なのです(このあたりも背脂ギトギトのこってりラーメンに似ていますね)。

    どハマりして熱烈なファンになる人が多い一方、クセが強く、誰にでも気軽にすすめられるタイプの作品ではありません。「面白いポイント」と「苦手だと思われやすいポイント」が表裏一体になっているのです。SNSには「セレベストをおすすめしたらフォロワーが減った」なんていう悲しい報告もあるとかないとか……。

    かくいう私も、人にすすめられて『セレベスト織田信長』第1話を読んだとき、「これはちょっとキツいな……」と思った一人でした。しかし読み進めるうちにどハマりし、今や信長の口癖を真似して盛り上がる立派な“セレベストファン”となっています。

    そこで今回は、“セレベスト”未経験の方のために、比較的ソフトなシーンをピックアップしながら、『セレベスト織田信長』の魅力をご紹介したいと思います。

     

    『セレベスト織田信長』の魅力①:想像の上をいくセレベストたちの贅沢ぶり

    『セレベスト織田信長』に登場するのは、織田信長、伊達政宗、徳川家康、卑弥呼といった歴史上の偉人と同じ名を持つ“セレベスト”たち。世界有数の企業を経営し、莫大な資金と権力を持つ彼らは、“最高の贅沢”を追求するとともに、ほかのセレベストたちを“おもてなし”することで屈服させて、「セレベストの最高峰」となることを目指しています。

    ▼「ホッコリ」という効果音に全く似つかわしくない暑苦しい絵面。裸の中年男性の登場率が異常に高い作品でもあります。右が主人公の織田信長。

    本作では、そんなセレベストたちの贅を尽くした日常や“おもてなしバトル”の数々が展開されるのですが、それらが読者の想像の遥かに上をいくぶっ飛んだスケールなのです!

    いくつか具体例をあげてみると

    ・「ミロのヴィーナス」の彫刻(本物)を漬物石にして、きゅうりの漬物を作る
    セレベスト織田信長 ミロのビーナス

    ・甲子園決勝を翌日に控える高校球児の坊主頭を使い、ロッククライミングをする
    セレベスト織田信長 高校球児

    ほかにも「屋敷を燃やして暖を取る」「“山ノ毛線”全線を貸し切って車内で仮眠を取る(その間一般市民にはタクシー乗り放題券を配る)」「最高級干しアワビ製の入れ歯をつける」など、もはやスケールが大きいのか小さいのかわからないようなのもありつつ、とにかく我々の想像の上をいく贅沢が次々に登場します。

    この感覚は、いわば小学生男子的。おバカさあふれる奔放なアイデアが、頭の固くなった私たち大人を「次はどんな贅沢をするんだろう?」とわくわくさせてくれるのです。

     

    『セレベスト織田信長』の魅力②:安定の王道バトル展開、さわやかな読後感

    『セレベスト織田信長』で描かれる“おもてなしバトル”には、基本となる「お約束の展開」があります。

    ①信長がいつも通り贅沢な日常を送っていると、
    ②そこに“おもてなしバトル”を挑むセレベストが登場
    ③相手の“おもてなし”を受ける信長
    ④信長は“おもてなし”を楽しむうちに理性を失い、屈服しそうに……
    ⑤反撃! 自らのおもてなし力を見せつけ大逆転
    ⑥みんなホッコリ

    一度はピンチなのかと思わせておいて、最後は大勝利するワンパターンともいえる展開には、まるで「水戸黄門」を見ているときのような安心感があります。

    その安心感を支えているのが、信長の圧倒的な強さと器の大きさ。

    信長は相手のおもてなしを拒否することなく、100%受け入れ、臆することなくそれを心から楽しみます。そのうえで格の違いを相手に見せつけ、敗北を認めさせ、最後には相手を虜にしてしまうのです。
    セレベスト織田信長 徳川カルロス家康1セレベスト織田信長 徳川カルロス家康2

    相手に敬意を払い、相手の魅力を最大限引き出してから、圧倒的な強さで倒す。堂々とした王者の戦いっぷりは、プロレスの試合を見ているよう。負けた相手もむしろ満足そうで、とても爽やかな読後感を与えてくれます。

     

    『セレベスト織田信長』の魅力③:ルビのセンスが天才的

    『セレベスト織田信長』は、セリフが面白いのも魅力です。実は作者のジェントルメン中村さんは、ラッパーとしても活躍しているそう。作品でもそのスキルが遺憾なく発揮されており、思わず口にしたくなるセリフがバンバン登場します。

    それに華を添えるのが「ルビ(ふりがな)」。「上等だ!!(ハイ・クラス)」「贅沢(ラグジュアリー)」「小僧(ボーイ)」といったわかりやすいものから、「東海の独裁者(トウカイテイオー)」「東海(ラテン)の血が騒ぐ」「奥手で内気(トゥーシャイシャイボーイ)」のような“そうきたか系”まで、天才的なルビセンスが、作品のおかしみを増幅させています

    ぜひ皆さんも、ジェントルメン中村さんの“ルビ芸”を堪能してみてください。
    セレベスト織田信長 受応
    セレベスト織田信長 ハイ・クラス

    ***

    このほか『セレベスト織田信長』には、かっこいい女性キャラクターや、妙に愛らしい動物など、見どころが満載です。
    セレベスト織田信長卑弥呼
    セレベスト織田信長 豹

    たしかに、食欲がなくなるような描写も時々ありますが(笑)、それを上回る魅力とエネルギーにあふれた作品だと思います。勇気を出して読んでみたら、ひょっとすると“生涯の一作”になるかもしれない怪作です。

    リイドカフェ『セレベスト織田信長』

    そして最後に紹介するのが、ジェントルメン中村さん自らが制作した「だろォ~セレベスト織田信長のテーマ~」。手作り感あふれるPVに、『セレベスト織田信長』の魅力がぎっしり詰まっています。まずは、試し読みとあわせてこちらもぜひご覧ください。

    なお今回、「ほんのひきだし」をご覧の皆さんのために、ジェントルメン中村さんが『セレベスト織田信長』のイラスト入りサイン色紙を書いてくださいました! さすが“おもてなし”を知り尽くした中村さん、素敵なおまけもつけてくださっています。くわしくは【明日公開の記事】にて!

    『セレベスト織田信長』ジェントルメン中村のサイン色紙&CDが当たる!Twitterフォロー&RTキャンペーン開催中

    セレベスト織田信長 1
    著者:ジェントルメン中村
    発売日:2017年09月
    発行所:リイド社
    価格:680円(税込)
    ISBNコード:9784845850600

    セレベスト織田信長 2
    著者:ジェントルメン中村
    発売日:2018年05月
    発行所:リイド社
    価格:680円(税込)
    ISBNコード:9784845853168

    ©ジェントルメン中村/リイド社




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る