• 映画「累―かさね―」ついに公開!原作漫画の最終巻も発売:今週公開の映画

    2018年09月08日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    9月7日公開「累―かさね―」

    松浦だるまさんの漫画『累―かさね―』が、土屋太鳳さん・芳根京子さんのダブル主演で実写映画化。天才的な演技力を持ちながら醜い容姿に強いコンプレックスを抱いている累(かさね)と、圧倒的な美貌をもつ舞台女優のニナ、不思議な口紅の力で顔が入れ替わる2人を演じています。

    なお映画公開と同日に、原作の最終14巻が発売されます。

    幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。
    今は亡き伝説の女優・淵透世を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の〈顔〉を奪い取ることができる不思議な力を秘めていた――。
    ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。ニナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花開かずにいた。
    母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と、“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。
    累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナは、一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく。

    映画「累―かさね―」公式サイトより)

    原作はこちら

    累 1
    著者:松浦だるま
    発売日:2013年10月
    発行所:講談社
    価格:617円(税込)
    ISBNコード:9784063524857
    累 14
    著者:松浦だるま
    発売日:2018年09月
    発行所:講談社
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784065125670

    人の運命をも変える“美醜” その本質を描く『累』はこうして生まれた:松浦だるまインタビュー
    松浦だるま『累―かさね―』完結!最終14巻は映画公開9月7日に発売

    「こんな顔、私だったらとっくに死んでる」 映画「累―かさね―」土屋太鳳×芳根京子が絶叫し罵り合う最新予告映像が公開!

    『累―かさね―』実写映画化決定!美醜に翻弄される哀しき女の物語
    映画「累―かさね―」土屋太鳳×芳根京子のW主演が決定!“顔が入れ替わる”主人公と舞台女優を演じる

     

    9月7日公開「泣き虫しょったんの奇跡」

    松田龍平さんにとって「青い春」以来16年ぶりとなる、豊田利晃監督作品での単独主演作。史上初めて「奨励会退会からのプロ編入」を成し遂げた、“しょったん”こと瀬川晶司五段の半生を描いた作品です。

    「奨励会に入会し、満26歳までに四段へ昇段しなければプロ棋士にはなれない」という鉄の掟にはじかれ、若くして人生の目標を失った瀬川青年。絶望からの再起を図る“しょったん”の再挑戦が、周囲の人々をも変えていきます。

    生まれてから小学5年生までの10年間、何かに熱を入れることもなく日々を過ごしていた“しょったん”こと瀬川晶司。
    中学生でプロ棋士になった谷川浩司棋士のニュースを見て、初めて“プロ棋士”という職業を知る。
    時を同じくして、隣家に住む鈴木悠野も将棋が好きなことを知り、二人で将棋を指すようになる。

    やがてしょったんの父・敏雄の勧めで将棋道場へ通うことに。
    週末ごとにめきめきと上達していったしょったんは、中学3年生で奨励会の試験を受け合格した。

    奨励会には年齢制限という鉄の掟がある。26歳の誕生日までに四段になれなければ退会となってしまう。
    22歳の夏に三段に昇段したしょったんだったが、残されたチャンスも徐々に減っていく…。

    様々な理由で先に奨励会を退会していくライバルたちを見て、将棋を指す意味を自問自答するしょったん。現実から目を背けるように棋士仲間たちと遊びまわっているうちに、悠野がアマ名人になったことを知る。
    そして、最後の三段リーグでそのチャンスはあっけなく潰えてしまう――。

    奨励会退会後、大学を卒業し会社員となったしょったんは、将棋盤に向かうこともなくなり、平凡な生活を送っていた。そんなある日、しょったんの夢をずっと応援してくれていた父・敏雄が事故に遭い突然他界してしまう。傷心の中、居場所を求めるように訪れた悠野の家でふとしたきっかけから久しぶりに将棋を指すことに。その対局でしょったんは改めて将棋の面白さに気づく。

    将棋を再開したしょったんは、アマチュアの大会でめきめきと頭角を現し、ついにアマ名人に。その活躍を目の当たりにしたアマチュア強豪の藤田と新聞記者の新條は、しょったんにプロ編入試験の話を持ちかけた。
    しょったんの人生を賭けた〈夢〉への再挑戦が、今、始まる――。

    映画「泣き虫しょったんの奇跡」公式サイトより)

    原作はこちら

    泣き虫しょったんの奇跡 完全版
    著者:瀬川晶司
    発売日:2010年02月
    発行所:講談社
    価格:691円(税込)
    ISBNコード:9784062765824

    奨励会退会からプロ編入――史上初の快挙を成した棋士の半生を描く!「泣き虫しょったんの奇跡」
    異色の棋士の自伝的小説『泣き虫しょったんの奇跡』が映画化!松田龍平、妻夫木聡、松たか子ほか豪華共演




    タグ
    Pocket

  • 自衛隊防災BOOK_SP記事下

    bousai20180918_sp
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る