• 「わかりすぎてつらい」主婦から共感の嵐!「#名画で学ぶ主婦業」がついに書籍化

    2018年08月30日
    楽しむ
    日販 仕入部 齋藤
    Pocket

    「#名画で学ぶ主婦業」というTwitterのハッシュタグをご存じでしょうか。さまざまな名画にままならない主婦の日常を投影し、“主婦あるある”なキャプションをつけたツイートです。

    主婦を中心に「おもしろすぎる!」「こんなことあるある!」と共感の声を受け、Twitterトレンド入り&延べ10万リツイートされ話題になりました。

    そんな大人気の投稿の数々が、このたびついに書籍化!

    #名画で学ぶ主婦業
    著者:田中久美子(美術史)
    発売日:2018年09月
    発行所:宝島社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784800286666

    話題のツイートと絵画をまとめて楽しめるのですが、本書の魅力はそれだけではありません。今回の書籍化にあたり、それぞれの名画の歴史的背景や絵画に込められた意図、寓意などが解説された一冊になっているのです!

    1才と4才の幼子を抱える2児の母であるわたくし、この本を読んで思わず声をあげて笑ってしまいました。名画に描かれた人々の絶妙な表情と、繰り出される鋭いキャプションに、深く共感、爆笑必至です!

    例えばこちらをご覧ください。

     

    炊飯器開けたらお米が炊かれていなかったとき

    お米が……冷たい……なんでタイマーをセットし忘れたの……

    (本書p.64)

    この絶望感……! ちなみに、お風呂の追い炊きを忘れていたときもこうなりますね。

    右下には解説も。描かれている、侯爵令嬢・タラカーノヴァさんへシンパシーが湧いてくる絵画です。

    続いてはこちら。

     

    深夜2時

    眠いし、重い……この子いつになったら眠るのかしら……

    (本書p.90)

    新生児期ですよね。わかります、既視感あります。

    こちらの絵画はオットー・ディックスの「子供を抱く労働者の妊婦」。解説のなかにある「大衆の中にあまた存在するこの母の姿こそ、『聖母』の姿に違いない」という文章には泣かされました。

    また個人的には「お前父親になった自覚あるんか」とキャプションが付けられている作品も大変すばらしいので、ぜひ本書でご覧ください。

     

    4度おいしい『#名画で学ぶ主婦業』

    乳幼児と共に美術館に行くのはなかなかハードルが高いですが、日常に芸術はあったのです……!

    爆笑しつつも、レオナルド・ダ・ヴィンチやフェルメール、世界の超有名な画家たちは「なんでわたしの気持ちを知っているのかしら……」と(勝手に)感動に至り、全国に自分のような仲間がいることに深く勇気づけられたのでした。

    「どこかで一度は目にしたことがある著名な西洋美術・絵画の数々が楽しめる」「美術作品の知識を得られる」「明日の主婦、主夫業への励みになる」 そして「とにかくおもしろい!」と4度おいしい『#名画で学ぶ主婦業』、ぜひみなさんも手に取ってみてください。

    #名画で学ぶ主婦業
    著者:田中久美子(美術史)
    発売日:2018年09月
    発行所:宝島社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784800286666




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る