• 『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』又吉直樹が「世界一受けたい授業」で紹介して話題に!

    2018年08月26日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ドリヤス工場『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』が売れ行き好調!

    ドリヤス工場さんの漫画『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』が、6月放送の日本テレビ系「世界一受けたい授業」で芥川賞作家の又吉直樹さんに紹介されて以降、爆発的に売り上げを伸ばしています。

    有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。
    著者:ドリヤス工場
    発売日:2015年09月
    発行所:リイド社
    価格:918円(税込)
    ISBNコード:9784845844159

    『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』は太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、森鴎外、カフカ、トルストイなど、教科書でもおなじみの文学作品を、”あの有名漫画家”のタッチで描かれた約10ページの漫画で解説した文学ガイドです。

    今回、本作の編集を担当したトーチweb編集部 中川敦さんに、作品誕生の経緯や著者・ドリヤス工場さんの漫画の魅力などについて綴っていただきました。

    文章中に『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』収録の太宰治『人間失格』を丸ごと1話掲載していますので、そちらもお見逃しなく。

     

    原作の魅力を“あのタッチ“で短編漫画に再構成するドリヤス工場さんの職人技

    ドリヤス工場さんの『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』は、2014年8月の「トーチweb」創刊と同時に連載が始まりました。

    「トーチweb」は大手出版社がやらない、作家性が豊かで「尖った」作品をきちんと商業ベースに乗せようという編集部の思いに基づいたサイトで、『有名すぎる文学作品~』もその考えに即して企画されたものです。

    古典や名著のコミカライズ作品はこれまで星の数ほど刊行されてきましたし、すでに刊行されている漫画と似たり寄ったりになってしまってはあまり意味がないだろうということで、既存の漫画作品を参考にするのではなく、新書・実用書・ビジネス書・自己啓発書から発想していきました。ベストセラー作品をいろいろ調べてみると、「時間をかけず、一瞬で成長したい」という現代人の本音が見えてきました。沢山の人が心に秘めている本音に応える本であれば沢山の人が手に取ってくれるだろう、とシンプルに考えました。

    ドリヤス工場さんを知ったのは、まだトーチの創刊が決まるよりもずっと前に、『あやかし古書庫と少女の魅宝』の表紙絵に惹かれて購入したのがきっかけでした。

    あやかし古書庫と少女の魅宝 第1巻
    著者:ドリヤス工場
    発売日:2012年07月
    発行所:一迅社
    価格:802円(税込)
    ISBNコード:9784758063241

    おもしろい作家さんだなあと頭の片隅にあった記憶が、新企画を練っていく過程で蘇ってきました。ドリヤス工場さんがそれまでに刊行してきた同人誌を読んでみると、これがぜんぶとても面白い。流行のアニメも人気の萌え作品も、氏の手にかかればぜんぶ某巨匠(とあえて伏せるまでもないと思いますが……)の作品に変換されてしまう。その痛快さ。人物造形、背景、擬音などなど絵柄だけでなく、独特の「間」まで再現されていて、「似てる、似てる!」と思わず膝を叩いて笑ってしまうと同時に、ここまで徹底的にやれる漫画家の腕力に改めて驚きました。

    漫画には説明過多だったり回りくどいところが一切なく、ザクザク、ズカズカ話が進んでいくその感じがすでに面白い。全編にわたって漂うそこはかとないユーモア。今までハードルが高くて手が出せなかった名作や、難解そうで敬遠してきた古典を、もしこの人の漫画で読めたら……

    というわけで、下記に太宰治『人間失格』を丸ごと掲載しますので、未読の方はぜひご覧になってみてください。



    ©ドリヤス工場

    『有名すぎる文学作品をだいた10ページくらいの漫画で読む。』シリーズは現在刊行されている3冊で、古今東西の名作を実に70本以上(!)網羅しています。ぜんぶだいたい10ページ。原作を短く要約するだけでも大変なのに、だいたい10ページくらいという制約のもとで漫画として再構成する、しかも“あのタッチ“を忠実に再現しながら……漫画家にとっては本当に大変な仕事です。“あのタッチ“と一言で言っても、そこには写真と見紛うような精密な背景や点描も含まれていますから、考えるだけで気が遠くなりそうです。にもかかわらず、ドリヤス工場さんは決してゆるくない連載ペースを崩すことなく毎回着実に原稿を上げてくださって、担当編集としてはいつも本当に頭の下がる思いでした。著者のユニークな感性と高度な職人技、仕事に対するストイックな姿勢の結晶が本作品だと僕は考えています。

    単行本発売以降、順調に版を重ね、累計30万部を超える大ヒットとなっています。今年6月には日本テレビ系「世界一受けたい授業」で芥川賞作家の又吉直樹さんによって紹介され、8月にはTBS系「王様のブランチ」の文芸書ランキングで6位に入るなど話題が話題を呼びますます注目を集めています。原作小説と並べて置いてくださる書店さんも沢山見かけるようになりました。

    ▼『有名すぎる文学作品をだいた10ページくらいの漫画で読む。』の週別の売れ行き。「世界一受けたい授業」で又吉さんが紹介した6月23日以降、大きく売り上げが増加しています(日販 オープンネットワークWIN調べ)。

    この漫画は原作の魅力を“一瞬で”感じとるのにもってこいの作品です。又吉直樹さんが「世界一受けたい授業」の中で話していたように、また、ドリヤス工場さんが各巻のあとがきで繰り返し書いているように、この漫画を読んだ方が原典に興味を持ち、奥深い文学の世界に足を踏み入れてくださることを願っています。

    (文・トーチweb編集部 中川敦)

    トーチweb『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』
    http://to-ti.in/product/bungaku10

    有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。
    著者:ドリヤス工場
    発売日:2015年09月
    発行所:リイド社
    価格:918円(税込)
    ISBNコード:9784845844159

    定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。
    著者:ドリヤス工場
    発売日:2016年07月
    発行所:リイド社
    価格:918円(税込)
    ISBNコード:9784845844265

    必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。
    著者:ドリヤス工場
    発売日:2017年09月
    発行所:リイド社
    価格:918円(税込)
    ISBNコード:9784845851195




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る