• 星野源に想いを馳せながら―「働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。」

    2015年11月04日
    楽しむ
    Honya Club.comスタッフ
    Pocket

    星野源さんとの出会いは、学生時代。彼の所属していたバンドがきっかけでした。そのバンドは先日解散してしまいましたが、ゆるくもポップなインストバンドで、時間を持て余した(自堕落に近い……)私のような学生のBGMにはぴったりなのでした。バンドに並行して俳優業もこなし、気が付けばソロシンガーとして確固たる地位を築いた星野源さん。さらに現在はドラマや映画、ラジオのパーソナリティーとマルチに活躍なさっており、今注目の存在です。

    TV番組への露出も増えており、昨夜は「ゴロウ・デラックス」(TBS系列)に、先週は「新チューボーですよ!」(同)にも出演されていましたね(個人的には、堺正章さんと歌ったスーダラ節が最高でした!料理とは関係ないですが……)。エプロン姿も似合うし、次は料理番組のMCなんかやってもらいたいなぁ……なんて。

    そんな星野源さんの、エッセイやコラムといった近年の活動をまとめた『働く男』。『働く男』は、皆が感じているであろう「星野源とはいったい何者なの?」が詰まった一冊です。彼がいかに才能を開花させていったのか、曲や演技から垣間見える思慮深さや繊細さだけでなく、戦略的に努力を続ける姿などの意外な一面も見られて、星野源さんの足跡を愉快に辿ることができます(本人が描いたヘタウマな挿絵も、よいスパイスになっています)。創作活動を生業として成立させるために、試行錯誤を惜しまず妥協を許さない星野源さん。『働く男』は、星野源さんの仕事論ともいえるのではないでしょうか?

    働く男
    著者:星野源
    発売日:2015年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784167904524

    これからどんなフィールドで「働く男」な姿を見せてくれるのか、ますます目が離せません!

    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る