• KADOKAWAが二次創作を公認した作品はこれだ!KADOKAWA×はてなによる新・小説投稿サイト、始まる。②

    2015年11月04日
    楽しむ
    フォーリー(Honya Club.com)
    Pocket

    今冬、㈱KADOKAWA・㈱はてな共同による、新しい小説投稿サイトがオープンする予定です。新・小説投稿サイトでは、これまで公式ではアンタッチャブルとされることが多かった二次創作が解禁されます(KADOKAWAが刊行している作品一部のみ)。

    許可が下りたのは9作品。どんな作品に許可が下りたのか、前回に引き続きご紹介します!

    〉前回:『オーバーロード』~『バカとテストと召喚獣』まで5作品の紹介を見る

     

    対象作品その5:『フルメタル・パニック!』

    戦うボーイ・ミーツ・ガール
    著者:賀東招二
    発売日:1998年09月
    発行所:富士見書房
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784829128398

    〈あらすじ〉
    陣代高校の平和は、たったひとりの転校生の訪れとともに終わった。うなる弾丸、飛び散る薬莢、鞄にギッチリ銃器類。出てくる言葉は「キケンだ。ふせろっ!」。そう、やってきた転校生、相良宗介は、拳銃を持った大ボケ君だった!彼の脳に“平和”の文字はない。勘違いで校内狙撃、思い込みで路上爆破―ケタ違いの常識外れ宗介。だがしかし!戦争ボケとは仮の姿。その実体は……世界最強の武装集団『ミスリル』のエリート戦士、相良軍曹だったのである!KGBの魔の手から、美少女・千鳥かなめを守るため、今日も相良軍曹は校内で銃を撃つ!ごく普通の女子高生かなめに隠された壮大な秘密をめぐり、今、ボケと涙と感動の戦いが始まった!!巨大スケールで描くSFアクション・コメディ、堂々見参。

    1998年にシリーズ第1巻となる『フルメタル・パニック! 戦うボーイ・ミーツ・ガール』が発売されて早17年。「フルメタル・パニック!」シリーズは、累計発行部数1,100万部にも上る、まさしくライトノベル界を代表する超人気作です。第1巻のタイトルにある通り、長編シリーズでは「戦う」アクション作品としてシリアスな展開をしつつ、同時に短編シリーズでは、主人公が通う高校での騒動を中心とした、明るい「ボーイ・ミーツ・ガール」コメディが繰り広げられています。

    「フルメタル・パニック!」シリーズの魅力は、シリアスとコメディのギャップと、そのどちらもが一級品の面白さを保ち続けている点です。この見事な両面性により、ライトノベルでは異例の、長期に及ぶ人気を獲得しました。

    2010年で本編はひとまず完結となりましたが、2011年には賀東招二さんが監修につくという形で、大黒尚人さんによる外伝小説『フルメタル・パニック!アナザー』が連載を開始しています。さらに今年10月24日には、「ファンタジア文庫大感謝祭 2015」にて新作アニメの制作が発表されました!まだまだ「フルメタ」は留まるところを知りません!

    ♦二次創作のおすすめポイント
    創作で生かしたいのは、なんといってもその重厚なSF設定。この世界観で主人公・相良宗介とヒロイン・千鳥かなめをメインとした二次創作をするのもよいですが、オリジナルの登場人物を参戦させてみるのも面白いのではないでしょうか!?

     

    対象作品その6:『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』

    問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES!ウサギが呼びました!
    著者:竜ノ湖太郎
    発売日:2011年04月
    発行所:角川書店
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784044748395

    〈あらすじ〉
    世界に飽きていた逆廻十六夜に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を読んだ瞬間 ―完全無欠な異世界にいました!そこには猫を連れた無口な少女と高飛車なお嬢さま、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。ウサギが箱庭世界のルールを説明しているさなか「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!?そんなこと黒ウサギは頼んでいないのですがっ!!超問題児3人と黒ウサギの明日はどっちだ。

    2011年にスニーカー文庫より刊行が開始された『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』は、主人公をはじめとする超問題児な一行の圧倒的な強さが爽快な作品です。2013年にアニメ化されたことで一気にブレイクを果たしました。「箱庭の世界を舞台に、異世界からやってきた問題児たちが様々な修羅神仏や悪魔達に立ち向かう」という一見複雑にも思えるストーリー。しかし『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』は、たくさんの設定がぎっしり詰め込まれている点も相まって、何人もの熱狂的なファンを生み出しました。

    『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』としては2015年にひと区切りつきましたが、イラスト担当がももこさんに変更され、『ラストエンブリオ』というタイトルで第2部が絶賛刊行中。まだまだ目が離せません。

    ♦二次創作のおすすめポイント
    ぜひ挑みたいのは、難解な“ギフトゲーム”の創作です。原作を超える……のはなかなか難しいと思いますが、自分独自のアイデアを生かして、今までになかった展開を生み出してみてはいかがでょうか。

     

    対象作品その7:『闇の皇太子』

    闇の皇太子 宿命の兄弟
    著者:金沢有倖
    発売日:2008年07月
    発行所:エンターブレイン
    価格:605円(税込)
    ISBNコード:9784757743298

    〈あらすじ〉
    「光があれば影もできる―この世を支えている“影=闇”の世界があるかもしれない」人好きされる后に紹介された、主神言という少年が告げた言葉。謎の言葉を不思議に思いつつ、なぜかとても懐いてくる言を京都案内していた后は、今まで目にしたこともなかった異形のものに襲われる!さらに“安倍晴明”なる(名前以上に行動が!)怪しげな人物が后を追いまわし始め……。后の周りに続々と集結する12神将とは?そして言の正体とは―!?個性的すぎる闇の後継者たちの物語が今、始まる。

    『闇の皇太子』は、今回のラインアップでは珍しい、「ビーズログ文庫」という少女向けライトノベルのレーベルから刊行されている作品です。アニメ化こそされてないものの、ドラマCDや舞台など、作品の世界はさまざまに広がっています。

    『闇の皇太子』は、陰陽師×異能力×バトル×兄弟愛という個性的すぎるイケメンたちが繰り広げる陰陽バトルコメディ。魅力的な設定により、さまざまな角度(意味深)からの楽しみ方ができる作品となっています(ブラコンの弟が好きな方には、特に楽しんでいただけるかもしれません)。

    ♦二次創作のおすすめポイント
    ポイントは、言わずもがなキャラクターたちの関係でしょう。誰と誰の組み合わせにするか、その組み合わせでどんな物語を紡ぐかは、すべてあなた次第です!

     

    対象作品その8:『幼女戦記』

    幼女戦記 1
    著者:カルロ・ゼン
    発売日:2013年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784047291737

    〈あらすじ〉
    戦争の最前線にいるは、幼い少女。金髪、碧眼そして白く透き通った肌の幼女が、空を飛び、容赦なく敵を撃ち落とす。幼女らしく舌足らずに軍を指揮する彼女の名は、ターニャ・デグレチャフ。だが、その中身は、神の暴走により幼女へと生まれ変わることとなったエリートサラリーマン。効率化と自らの出世をなによりも優先する幼女デグレチャフは、帝国軍魔導師の中でも最も危険な存在へとなっていく―。

    危険な響きのタイトルではありますが、戦記ものとしてのクオリティが非常に高い作品です。「戦争の最前線に幼い少女」「魔導師」「ラノベ」というワードから、萌えがメインのライトな作品を想像するかもしれませんが、『幼女戦記』では異世界でありつつも超現実的な物語が繰り広げられています。

    『幼女戦記』の第1巻が発売されたのは、2013年。もとはWEBに投稿されていたもので、それに大幅な加筆修正を加え、書籍化を果たしました。しかし書籍化を経ても「尖った」面白さは失われませんでした。読めばきっと、「かつての世界大戦をこんな風に描くことができるのか……」と感動するはずです。

    ♦二次創作のおすすめポイント
    重厚な世界観が下地としてあるので、主人公を中心に書くのが楽しいのはもちろんです。しかし、それを傍で観察する他の人間の目線、反対の立場にいる者の目線で書いてみるのも、違った面白さが出るかもしれません。

     

    対象作品その9:『ログ・ホライズン』

    ログ・ホライズン 1
    著者:橙乃ままれ 桝田省治
    発売日:2011年04月
    発行所:エンターブレイン
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784047271456

    〈あらすじ〉
    老舗オンラインゲーム「エルダーテイル」の世界に、日本人ゲーマー3万人が閉じ込められた。モンスターとの戦闘、味を失った食料、死ぬことのない境遇。昨日までプレイしていた「剣と魔法の世界」が今日からの「現実」。混乱続くエルダーテイルで、一匹狼を自負していたシロエが、旧友直継、美少女暗殺者アカツキらと、廃墟アキバから世界を変える。

    最後にご紹介するのは、NHK Eテレでアニメ化された橙乃ままれさんの人気作『ログ・ホライズン』です!「剣と魔法のゲームの世界が現実化してしまった」といういわゆるMMORPG系の作品ではありますが、同じくゲームを舞台とした大ヒット作『ソード・アート・オンライン』(川原礫/KADOKAWA)とは異なる角度での表現に、面白さの秘密があります。橙乃ままれさんはデビュー作『まおゆう魔王勇者』でもアニメ化を果たしていますので、クオリティは折り紙つきです。

    『ログ・ホライズン』も、もとは小説投稿サイトで公開されていた作品です。しかしさらに特徴的なのは、ファンによる二次創作を作者がすでに許可していること。なんと一部は書籍化までされています!作者自身が外伝の監修に加わっているだけでなく、二次創作の内容を自作に反映させてもおり、原作と二次創作作品の双方向性をすでに実現してしまっています。

    ログ・ホライズン 外伝
    著者:橙乃ままれ 桝田省治
    発売日:2015年10月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784047306592

    ♦二次創作のおすすめポイント
    『ログ・ホライズン』は、もとより二次創作を許容しており、その際に有用となる設定書となるものまで発売されています。作品の作りやすさに関しては、他のどの作品をも凌ぐのではないでしょうか?

    ログ・ホライズンTRPGルールブック
    著者:橙乃ままれ 絹野帽子 七面体工房
    発売日:2014年05月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784047293595

    ***

    ここまで新・小説投稿サイトで二次創作が解禁された作品について紹介してきましたが、いかがでしたか?興味の出た作品はあったでしょうか?今回公式で二次創作が認められたことで、作品を読んで楽しむだけでなく、自分で創造して書く楽しみ方がこれからますます広がっていくと思います。さらに飛躍した想像をすれば、本家とのコラボレーションや出版といった道まで見えてくるかもしれません。

    新しい小説の楽しみ方がこれからどのように生まれ進化していくのか、ぜひ期待しながら見守っていきましょう!


    ※二次創作の解禁は、今冬オープン予定の「新・小説投稿サイト」への投稿に限られます。
    ※投稿の方法や二次創作の条件などの詳細は、公式(http://kaku-yomu.kadokawa.jp/)の発表をご確認ください。

    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る