• 働く女性から共感の嵐!20代・30代・40代の“3人のマリコ”を描くお仕事漫画『マリコ、うまくいくよ』

    2018年08月05日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 猪越
    Pocket

    「頑張れば、むくわれる?」
    「どうしたら仕事ができるようになるんだろう」
    「後輩は増えるけど、年上の実感ってない」

    そんな働く女性の本音がたくさんつまった、益田ミリさんのコミック『マリコ、うまくいくよ』が7月31日(火)に発売されました。

    マリコ、うまくいくよ
    著者:益田ミリ
    発売日:2018年07月
    発行所:新潮社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784103519812

    社会人2年目、12年目、20年目の、同じ職場に勤める3人の“マリコ”を描く本作。20代から40代まで、各世代ならではの悩みや葛藤が丁寧に描かれており、読者からは「私はもう一人のマリコだ!」と共感の声があがっています。

    もちろん「会社で働くこと」は男女・年齢を問わず、多くの人の日常でもあります。同世代の思いに「私だけじゃないんだ」と勇気づけられたり、“先輩”や“後輩”の立場に思い至ったり。会社と仕事がテーマの本作は、働く私たちに多くの共感と気づきを与えてくれるお仕事漫画です。

     

    白石萌音、杏、大久保佳代子が声をつとめた刊行記念PVも公開中!

    本書の発売を記念して制作されたアニメーションPVには、声優として、女優の上白石萌音さん、杏さん、お笑い芸人の大久保佳代子さんが登場。それぞれ20代、30代、40代のマリコを演じています。

    3人がみせた“包容力のある語り”に、著者の益田さんは「ムービーの最後、3つの声が重なった瞬間、もう胸が一杯に。ペンで描いた平面の『マリコ』たちが、涙をぬぐいながら歩き始めた。そんな気持ちになりました」とコメントを寄せています。

    『マリコ、うまくいくよ』特設ページはこちら




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る