• 残り2話!松浦だるま『累』が次号のイブニングで完結

    2018年07月24日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    松浦だるまさんの漫画『累(かさね)』が、8月10日(金)発売の「イブニング」(講談社)で最終話を迎えることが発表されました。

    累 1
    著者:松浦だるま
    発売日:2013年10月
    発行所:講談社
    価格:617円(税込)
    ISBNコード:9784063524857

    『累』は、2013年4月より同誌で連載されている松浦さんの連載デビュー作。圧倒的な演技力をもちながら醜い容姿に強いコンプレックスをもつ「累」、容姿に恵まれながら女優として花開かず悩む「ニナ」という2人の女性を軸に、互いの嫉妬と欲望、また、累の母・誘(いざな)が遺した“人の顔を奪える口紅”をめぐるサスペンスが描かれています。

    生々しくスリリングな展開で読者からの支持を得てきた同作は、土屋太鳳さん・芳根京子さん主演での実写映画化が決定。9月に公開を控えた今、第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭(インターナショナルコンペティション部門)で「観客賞」を受賞するなど、ますます注目を集めている作品です。

    単行本は、現在第13巻まで発売中。第13巻特装版にはスピンオフ小説「漣の糸」が付属しているほか、松浦さん自身が執筆したスピンオフ小説『誘―いざな―』も発売されています。

    累 13
    著者:松浦だるま
    発売日:2018年04月
    発行所:講談社
    価格:637円(税込)
    ISBNコード:9784065111338
    著者:松浦だるま
    発売日:2014年12月
    発行所:星海社
    価格:1,242円(税込)
    ISBNコード:9784061399105

     

    『累―かさね―』関連記事

    人の運命をも変える“美醜” その本質を描く『累』はこうして生まれた:松浦だるまインタビュー

    『累―かさね―』実写映画化決定!美醜に翻弄される哀しき女の物語

    映画「累―かさね―」土屋太鳳×芳根京子のW主演が決定!“顔が入れ替わる”主人公と舞台女優を演じる

    「こんな顔、私だったらとっくに死んでる」 映画「累―かさね―」土屋太鳳×芳根京子が絶叫し罵り合う最新予告映像が公開!

    松浦だるま『累―かさね―』本日発売のイブニングで完結!最終14巻は映画公開9月7日に発売




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る