• 映画「未来のミライ」から4冊の絵本が誕生!tupera tuperaとのコラボ絵本からでんしゃ絵本まで

    2018年07月22日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 猪越
    Pocket

    7月20日(金)に公開された映画「未来のミライ」。「おおかみこどもの雨と雪」や「バケモノの子」などの人気作で知られるアニメ―ション映画監督・細田守さんが手がけた本作は、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなす、ちょっと変わった「きょうだい」の物語です。

    4歳の男の子と時間を超えた旅をすることで、家族と命の素晴らしさを見つめ直すことができる「未来のミライ」。そんな本作から、家族で楽しむのにぴったりの絵本が4冊、KADOKAWAより発売されます。

    人気絵本作家tupera tuperaと細田監督が映画のために制作した劇中絵本『オニババ対ヒゲ』や「未来のミライ」のストーリーが楽しめるアニメ絵本、映画のアナザーストーリーから電車好きの子どもたちに向けた電車絵本まで。「未来のミライ」の世界がさらに広がる4冊を、映画と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

     

    tupera tuperaと細田監督が制作した劇中絵本『オニババ対ヒゲ』

    オニババ対ヒゲ
    著者:tupera tupera 細田守
    発売日:2018年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784041070932

    『オニババ対ヒゲ』は、映画「未来のミライ」の中で、主人公のくんちゃんが妹のミライちゃんに読み聞かせる絵本です。この絵本を細田監督とともに作り上げたのは、「未来のミライ」でプロダクションデザインとして参加するtupera tuperaさん。『かおノート』や『しろくまのパンツ』、『パンダ銭湯』などで知られる人気作家です。

    ヒゲの平穏な日常は、オニババの登場によりある日とつぜん終わりを告げます。手荒くつかまれたりとオニババにひどい扱いをされますが、ヒゲはさまざまな反撃に出ます。ふとカレンダーを見あげると、今日はオニババの誕生日! プレゼントに花を用意したヒゲは、はたしてオニババによろこんでもらえるのでしょうか。

    ▼細田守監督(中)と、tupera tuperaのお二人(左・亀山達矢さんと右・中川敦子さん)

    ▼映画「未来のミライ」で、くんちゃんが『オニババ対ヒゲ』を読み聞かせるシーン。

    ▼『オニババ対ヒゲ』のワンシーン©Mamoru Hosoda 2018 ©tupera tupera 2018 ©2018 スタジオ地図

     

    『ミライちゃん、すきくないの』

    ミライちゃん、すきくないの
    著者:細田守 青山浩行 にわかな
    発売日:2018年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784041073018

    4歳のくんちゃんにとって、妹のミライちゃんは親の愛を奪う存在。本作は、そんな「すきくない」という初めての気持ちとそれを乗り越える成長を描いた、優しい心をはぐくむオリジナル絵本です。

    『ミライちゃん、すきくないの』は映画「未来のミライ」のストーリーと、作画監督の青山浩行さんによるキャラクターラフスケッチをもとに絵本として構成されました。『細田守の世界――希望と奇跡を生むアニメーション』の編集を担当した、にわかなさんが執筆しています。

    ▼ある日、くんちゃんの家に生まれたばかりの赤ちゃんがやってきますが……。©Mamoru Hosoda 2018 ©Hiroyuki Aoyama 2018 ©Kana Niwa 2018 ©2018 スタジオ地図

     

    『角川アニメ絵本 未来のミライ』

    未来のミライ
    著者:細田守
    発売日:2018年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784041073063

    生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われたくんちゃんが、ある日庭で出会ったのは、未来からやってきた妹・ミライちゃんでした。ミライちゃんに導かれて出かける「時をこえた大冒険」が追体験できる一冊です。

     

    『くんちゃんのでんしゃノート』※8月2日(木)発売予定

    くんちゃんのでんしゃノート
    著者:細田守
    発売日:2018年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:972円(税込)
    ISBNコード:9784041073087

    映画「未来のミライ」にでてくる電車を、くんちゃんが教えてくれる絵本。電車にまつわる豆知識も詰まっている、くんちゃんといっしょにもっと電車のことを好きになれる絵本です。

     

    映画「未来のミライ」作品情報

    とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

    ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

    “ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

    待ち受ける見たこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男。幼い頃の母との不思議な体験。父の面影を宿す青年との出会い。

    そして、初めて知る「家族の愛」の形。

    さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは? “ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは――

    2018年7月20日(金)全国ロードショー

    監督・脚本・原作:細田守
    キャスト:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、
    役所広司 / 福山雅治
    音楽:高木正勝
    オープニングテーマ・エンディングテーマ:山下達郎
    作画監督:青山浩行、秦綾子
    美術監督:大森、髙松洋平
    ゼネラルプロデューサー:高橋望
    プロデューサー:齋藤優一郎 / 伊藤卓哉、足立雄一、川村元気
    企画・制作:スタジオ地図

    http://mirai-no-mirai.jp/

     

    関連記事

    細田守「未来のミライ」原作小説が発売中!“体感型”展覧会「未来のミライ展」も開催決定
    映画「未来のミライ」を楽しみ尽くす関連書籍が続々発売!オフィシャルガイドから細田作品をめぐる旅まで多彩に紹介




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る