• 映画「未来のミライ」を楽しみ尽くす関連書籍が続々発売!オフィシャルガイドから細田作品をめぐる旅まで多彩に紹介

    2018年07月21日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 猪越
    Pocket

    7月20日(金)、「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」などのアニメーション映画で知られる細田守監督の最新映画「未来のミライ」が公開されました。

    「未来のミライ」は、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなす、家族と命の物語。同作は、第71回カンヌ国際映画祭開催期間中の「監督週間」にアニメーション作品として唯一選出・上映され、アヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出されるなど、国内外で大きな注目を集めています。

    そんな「未来のミライ」の関連書籍4冊が、公開に合わせてKADOKAWAより発売されます。オフィシャルガイドや親子で楽しめるファンブック、舞台や美術・技術面に焦点を当てたものまで、その内容はさまざま。「未来のミライ」や細田守作品をより深く楽しむことができます。

     

    『未来のミライ オフィシャルガイド くんちゃんアルバム』

    未来のミライオフィシャルガイドくんちゃんアルバム
    著者:ニュータイプ
    発売日:2018年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:2,376円(税込)
    ISBNコード:9784041071427

    主人公である4歳の男の子「くんちゃん」が出会う、さまざまな風景、忘れられない人々をまとめた一冊。ストーリーガイドのほか、くんちゃん役の上白石萌歌さん、ミライちゃん役の黒木華さんなど豪華声優陣や、細田守監督をはじめとするスタッフのインタビュー、美術やキャラクター設定についても掲載されています。

    【おもな内容】
    ・ストーリーガイド「くんちゃんアルバム」
    ・細田守監督をはじめとするスタッフインタビュー
    ・4歳の男の子を演じた主役・上白石萌歌をはじめとするキャストインタビュー&コメント

     

    『未来のミライ ファンブック』

    未来のミライファンブック
    発売日:2018年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784048938624

    「未来のミライ」の作中のシーンやイラストを盛り込んだ、女児向けの公式ファンブックです。ストーリーやキャラクター紹介のほか、ぬりえや劇中に登場するスイーツを再現するクッキングページなど、親子で楽しめるアクティビティページが満載。映画を観た後、親子で一緒に遊びたくなるムックとなっています。

    またオリジナル付録として、くんちゃんとミライちゃんが空を飛んでいるかのようにみえるデザインの「ウォーターインペンポーチ」が付いています。そのほかシールやポストカード、折り紙など、遊べる付録が充実です。

    ▼『未来のミライ ファンブック』の表紙▼くんちゃんたちと遊べる、ストーリー仕立てのすごろくが付いています。

     

    『スタジオ地図Walker~細田 守作品を巡る旅~』

    スタジオ地図Walker
    発売日:2018年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784048963268

    2006年の映画「時をかける少女」を監督し、ロングラン上映で一躍話題となった細田監督。その後も、「サマーウォーズ」(2009年)や「おおかみこどもの雨と雪」(2012年)、「バケモノの子」(2015年)が大ヒットしました。そんな細田監督の制作拠点がアニメーション映画制作会社の「スタジオ地図」です。「スタジオ地図Walker」と題した本書では、最新作を含む歴代作品の舞台となった地を巡るプランが紹介されています。

    【おもな内容】
    ・巻頭特集:最新作「未来のミライ」の舞台へ! 主演の上白石萌歌さんを舞台ロケ撮影にて撮り下ろし
    ・「未来のミライ」キャストスペシャルインタビュー
    ミライちゃん役・黒木 華さん/お父さん役・星野 源さん/お母さん役・麻生 久美子さん
    ・大特集:スタジオ地図の作品を巡る旅
    各作品のストーリーや見どころ、場面カットと共に実際にあるスポットを紹介し、周辺のグルメスポットや立ち寄りスポットについても触れられています。
    「時をかける少女」(芸術を楽しむ旅 東京国立博物館)
    「サマーウォーズ」(歴史を巡る旅 長野県上田市)
    「おおかみこどもの雨と雪」(自然にふれる旅 富山県上市町)
    「バケモノの子」(変化を感じる旅 東京都渋谷区)
    ・細田 守ロングインタビュー

    ▼巻頭には、くんちゃんの声を務める上白石萌歌さんが、作品の舞台である神奈川県三浦海岸を散策する様子が収められています。

     

    『未来のミライ ARTBOOK』

    未来のミライ ARTBOOK
    著者:ニュータイプ
    発売日:2018年10月
    発行所:KADOKAWA
    価格:3,456円(税込)
    ISBNコード:9784041071410

    映画「未来のミライ」の背景美術や原画、レイアウト、映像表現など、美術と技術に焦点を当てたアートブック。原画スタッフやプロダクションデザインのスタッフなど、本作に集結したスタッフ陣のこだわりを徹底取材しています。

    【おもな内容】
    ・対談:美術監督:大森 崇×高松洋平
    ・インタビュー
    監督:細田 守
    作画監督:青山浩行
    色彩設計:三笠 修
    CGディレクター:堀部 亮
    音響効果:柴崎憲治
    ハーモニー:高屋法子

     

    映画「未来のミライ」作品情報

    とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

    ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

    “ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

    待ち受ける見たこともない世界。むかし王子だったと名乗る謎の男。幼い頃の母との不思議な体験。父の面影を宿す青年との出会い。

    そして、初めて知る「家族の愛」の形。

    さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは? “ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは――

    2018年7月20日(金)全国ロードショー

    監督・脚本・原作:細田守
    キャスト:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、
    役所広司 / 福山雅治
    音楽:高木正勝
    オープニングテーマ・エンディングテーマ:山下達郎
    作画監督:青山浩行、秦綾子
    美術監督:大森崇、高松洋平
    ゼネラルプロデューサー:高橋望
    プロデューサー:齋藤優一郎 / 伊藤卓哉、足立雄一、川村元気
    企画・制作:スタジオ地図

    http://mirai-no-mirai.jp/

     

    関連記事

    細田守「未来のミライ」原作小説が発売中!“体感型”展覧会「未来のミライ展」も開催決定




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る