• 『BLEACH』が実写×CGで映画化!迫力満点のアクションシーンが見どころ:今週公開の映画

    2018年07月21日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    7月20日公開「BLEACH」

    久保帯人さんの大人気漫画『BLEACH』が実写映画化! 監督は「GANTZ」「アイアムアヒーロー」「デスノート Light up the NEW world」「いぬやしき」などを手がけた佐藤信介さんです。

    福士蒼汰さん、杉咲花さん、吉沢亮さん、田辺誠一さん、早乙女太一さん、そして世界的ギタリストのMIYAVIさんと、出演陣も豪華。迫力あるアクションシーンは必見です。

    亡き母・真咲の思い出を胸に、高校生・黒崎一護は父親・一心と幼い妹ふたりと暮らしていた。幽霊が見えること以外は普通の生活だったが、自らを“死神”と名乗る少女・朽木ルキアが目の前に現れたことで、平和だった世界は突然壊れてしまう。

    「虚〈ホロウ〉」と呼ばれる悪霊が一護の家族を襲い、助けに入ったルキアは瀕死の状態に。絶望的な状況下、彼女は最後の手段として、本来は人間に譲ってはいけない死神の力を一護に分け与える。起死回生、死神となって悪霊・虚〈ホロウ〉を退治した一護だが、ルキアは死神の力をほとんど失ってしまう。彼女は自身の力が回復するまで、一護のクラスメイトになりすまし、死神代行としての務めを迫るが、一護は頑なに拒み続けていた…。

    ある日、同級生であり、死神に怨みを持つ滅却師〈クインシー〉一族の生き残りの石田雨竜が一護に勝負を仕掛け、大量の虚が空座町に現れる非常事態が発生!嫌々ながらも、虚退治を行う中、“力の譲渡”という掟を破ったルキアを罰するため、死神・阿散井恋次と朽木白哉も目の前に現れる…。ルキアを助ける条件は、最悪の虚グランドフィッシャーの討伐。

    謎の商店主・浦原の予感が的中したのか、クラスメイトの織姫やチャドにも危険が迫る中、一護はルキアとともに虚退治の覚悟を決めるのだった。母を虚に殺された過去を背負って。ついにグランドフィッシャーと対峙することになった一護だったが、ルキアを追ってきた恋次と白哉も目の前に立ちはだかり、絶体絶命の窮地に立たされてしまう――。

    映画「BLEACH」公式サイトより)

    原作はこちら・映画ノベライズも発売中

    BLEACH 1
    著者:久保帯人
    発売日:2002年01月
    発行所:集英社
    価格:421円(税込)
    ISBNコード:9784088732138
    映画ノベライズBLEACH
    著者:久保帯人 松原真琴 羽原大介 佐藤信介
    発売日:2018年07月
    発行所:集英社
    価格:605円(税込)
    ISBNコード:9784087040166

    12月4日(火)発売『BLEACHイラスト集 JET』予約受付中!

    BLEACHイラスト集 JET
    著者:久保帯人
    発売日:2018年12月
    発行所:集英社
    価格:17,280円(税込)
    ISBNコード:9784087925258

     

    7月20日公開「未来のミライ」

    「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」に続く、細田守監督の長編アニメ最新作。オープニング・エンディングは山下達郎さんの書き下ろしで、「サマーウォーズ」以来9年ぶりのタッグとなります。

    本作で描かれるのは、甘えん坊の男の子「くんちゃん」と、未来からやってきたくんちゃんの妹「ミライちゃん」を描く家族の物語。くんちゃんを上白石萌歌さん、ミライちゃんを黒木華さんが演じるほか、星野源さん、麻生久美子さん、吉原光夫さん、宮崎美子さん、役所広司さん、福山雅治さんといった豪華キャストが出演しています。

    とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

    ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。
    両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
    そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

    “ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。
    それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

    待ち受ける見たこともない世界。
    むかし王子だったと名乗る謎の男。
    幼い頃の母との不思議な体験。
    父の面影を宿す青年との出会い。

    そして、初めて知る「家族の愛」の形。

    さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。
    果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは?
    “ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは―

    映画「未来のミライ」公式サイトより)

    原作はこちら

    未来のミライ
    著者:細田守
    発売日:2018年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:605円(税込)
    ISBNコード:9784041068908




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る