• 「村上春樹」をキーワードで読み解く!『村上春樹語辞典』7月13日(金)発売!

    2018年07月07日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    7月13日(金)、『村上春樹語辞典』が誠文堂新光社より発売されます。

    村上春樹語辞典
    著者:ナカムラクニオ 道前宏子
    発売日:2018年07月
    発行所:誠文堂新光社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784416618530

    著者は、村上春樹ファン“ハルキスト”の聖地と呼ばれるブックカフェ「6次元」のナカムラクニオさんと、道前宏子さんのお二人。村上春樹さんにまつわるさまざまな用語を、イラストをふんだんに使い、辞典形式で解説しています。

     

    本書には、主な登場人物や頻出するキーワード、村上さんの名言や学生時代の逸話など、翻訳を含む小説やエッセイ、インタビューなどから選ばれた500語以上を収録。村上作品を彩る料理やカクテル、独特な比喩表現、外国語版の装丁など、さまざまな角度から書かれたコラムも充実しています。

     

    「作家ゆかりの地」を紹介したマップも付いているので、本書を片手に実際にその地に足を運んでみるのもおすすめ。ファンはもちろん、これから読もうと思っている人にも、作家と作品への理解を深められる格好の一冊です。

    【目次】
    ・キーワードで読み解く 村上春樹ワールド
    ・村上春樹クロニクル
    ・村上春樹作品における ファンタジーとリアリズムの年表/長編と短編の相関図
    ・村上春樹語辞典
    【コラム】
    村上食堂/BAR村上へようこそ/映画化された村上春樹/装丁をめぐる冒険 世界の村上春樹と翻訳ワンダーランド/村上動物園/意味がなければ「比喩」はない/ハルキストのデッド・ヒート/村上春樹図書館/「やれやれ」について語るときに我々の語ること。/「幻の村上作品」を探して
    【Book in Book】
    村上春樹おさんぽMAP

    【著者プロフィール】
    ナカムラ クニオ
    1971年東京都生まれ。映像ディレクター、ブックカフェ「6次元」店主。著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』『さんぽで感じる村上春樹』『パラレルキャリア』『金継ぎ手帖』『猫思考』などがある。

    道前 宏子(どうぜん・ひろこ)
    1981年神奈川県生まれ。編集者。ブックカフェ「6次元」を運営。絵本雑誌、書籍などの編集に携わる。ナカムラとの共著に村上作品の舞台を案内する『さんぽで感じる村上春樹』がある。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る