• 「こんな顔、私だったらとっくに死んでる」 映画「累―かさね―」土屋太鳳×芳根京子が絶叫し罵り合う最新予告映像が公開!

    2018年07月06日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    9月7日(金)に公開される映画「累―かさね―」。土屋太鳳さん・芳根京子さんのダブル主演ということでも注目を集めている本作の、最新予告映像と主題歌がこのたび発表されました。

    映画「累―かさね―」は、松浦だるまさんの同名漫画を実写化した作品。美醜をテーマに、圧倒的な演技力をもちながら自身の醜い容姿に強いコンプレックスをもつ累と、容姿に恵まれながら女優として花開かずに悩むニナの嫉妬と欲望、また、キスによって相手の顔を奪うことができる不思議な口紅をめぐるサスペンスなどが描かれています。

    今回公開された予告映像には、芳根京子さんと土屋太鳳さんが演じる累/ニナをはじめ、“謎の男”羽生田(浅野忠信)、舞台演出家の烏合(横山裕)、累の母親で、伝説の大女優である透世(檀れい)らが登場。映像は、大勢に「死ね」とはやしたてられ、「この顔がお前からすべてを奪った」「家族も、友達も、笑顔も……人並みの小さな幸せもすべてだ」と追い詰められて累が絶叫するシーンから始まり、キスによる累とニナの“顔の交換”や、二人が激しく罵り合う鬼気迫るシーンなどが次々に映し出されています。

    この映像で流れているのが、今回発表された主題歌「Black Bird」。若い世代を中心に人気の女性シンガー・Aimer(エメ)さんによる書き下ろし楽曲で、Aimerさんにとって初の映画主題歌です。

    主人公の心の叫びが深みのあるハスキーボイスで儚くも力強く表現されており、作品の世界をさらに盛り上げています。

    ▼Aimerさん(左)と主題歌「Black Bird」のCDジャケット(右)

    なお本作は、第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭のインターナショナルコンペティション部門に出品され、ワールドプレミア上映されることが決定。さらにカナダで開催される第22回ファンタジア国際映画祭の観客賞コンペ部門(Selection 2018)にも選出されており、世界的にも注目を集めています。

     

    主題歌「Black Bird」について

    Aimerさんのコメント
    たったひとつの口紅のもとに為す術なくもつれ合い折り重なってゆく2人の女性の運命を、一足先に目撃させていただきました。憎み、怯え、絶望し、ときに泣きじゃくり咆哮し狂気を渦巻かせながら、それぞれの孤独の中で2人がもがき争うさまに、息を飲み見入りました。本当の美しさとは、醜さとは? ついつい問いかけてしまいます。実写映画の主題歌を担当させていただくのは今回が初めてで、ひとつの夢でもありました。偶然にもわたしのデビュー日にあたる9月7日に公開される映画「累―かさね―」の世界を、「Black Bird」が彩れていたら本当に幸せです。

    土屋太鳳さんのコメント
    エンドロールから流れるこの歌を聴いた時、夜明け前の、闇から光に変わろうとする空の色を思い出しました。累たちの世界を美しく引きずるこの歌はエンドロールの闇を更に切なくするけれど、同時に魂の傷を包み、前を向かせてくれる歌だと思います。私にとって「累―かさね―」との出会いが、自分が愛せない自分と向き合い、その向こうへの一歩となったように、Aimerさんの生命力溢れる歌声によって、多くの人が光と出会いますように。

    芳根京子さんのコメント
    衝撃でした。完成した映画を観た際に初めて聴かせていただいたのですが、エンドロールで流れてきたこの曲の「累―かさね―」の世界観を後押ししてくれる力強い歌声に、感情がとても昂ぶり、映画を観終わってもしばらく興奮状態が収まらなかったです! 「愛されるような誰かになりたかっただけ」、劇中の累とニナのどちらの気持ちにも寄り添った歌詞に、撮影をしていた時に感じた「累の気持ち」「ニナの気持ち」両方を思い出させられました。是非、歌詞にも注目して聴いてみて欲しいです。誰もが、心の芯を震わせられます。

    プロデューサー・上原寿一さんのコメント
    累は闇を抱えた若い女性がのし上がっていくダークシンデレラストーリーとでもいうべき作品です。
    劣等感や優越感、悲しさや喜びなど相反する要素が入り混じるその独特の世界観を表現してもらえる儚くも力強い、神秘的な唯一無二の歌声を切望していました。
    そんな中、まさに独特な声色を持ち、何か見えないものを手に入れたいと渇望するようなAimerさんの歌声と出会い、この人しかいないなと思いました。物語の登場人物とも同世代ということでも更に縁を感じ、オファーさせていただきました。
    「Black Bird」はまさに主人公の気持ちを象徴した楽曲でこの曲に出会えてよかったと思いました。
    Aimerさんのデビュー日が映画の公開日である9月7日ということは後から知ったのですが、まさに今回の出会いは運命だったのではないかと思っています。

     

    映画「累―かさね―」作品情報

    ストーリー
    幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。
    今は亡き伝説の女優・淵透世を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の〈顔〉を奪い取ることができる不思議な力を秘めていた――。

    ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。二ナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花開かずにいた。

    母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と。“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。

    累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナは、一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく――。

    監督:佐藤祐市
    出演:土屋太鳳 芳根京子 横山裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀れい 浅野忠信
    脚本:黒岩勉
    製作:フジテレビジョン
    配給:東宝
    製作プロダクション:共同テレビジョン

    9月7日(金)より全国東宝系にて公開!

    kasane-movie.jp

    ▼累計発行部数220万部突破! 原作漫画は第13巻まで発売中

    累 1
    著者:松浦だるま
    発売日:2013年10月
    発行所:講談社
    価格:617円(税込)
    ISBNコード:9784063524857

    ©2018映画「累」製作委員会 ©松浦だるま/講談社

     

    『累―かさね―』関連記事

    人の運命をも変える“美醜” その本質を描く『累』はこうして生まれた:松浦だるまインタビュー

    『累―かさね―』実写映画化決定!美醜に翻弄される哀しき女の物語
    映画「累―かさね―」土屋太鳳×芳根京子のW主演が決定!“顔が入れ替わる”主人公と舞台女優を演じる




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る