• 主演はTOKIO 長瀬智也さん!病理医が主人公の医療漫画『フラジャイル』がTVドラマ化

    2015年10月19日
    楽しむ
    芝原 克也(日販 販売企画G)
    Pocket

    本格医療漫画『フラジャイル』がTVドラマ化!

    フラジャイル

    漫画『フラジャイル』(原作:草水敏 漫画:恵三朗/講談社)がTVドラマ化され、フジテレビで2016年1月より放送されることが決定しました!初回放送は、1月13日(水)夜10:00からです。主人公の病理医・岸京一郎は、TOKIOの長瀬智也さんが務めます。

    (©原作:草水敏 漫画:恵三朗/講談社)

     

    漫画『フラジャイル』とは?

    『フラジャイル』は、講談社「月刊アフタヌーン」で連載中の作品です。主人公は、極めて優秀な反面かなりクセのある変わり者の病理医・岸京一郎。患者と対面することの少ない「病理医」という職業を扱っている点と、彼らの働きによって周囲の医師たちが動き、患者が救われていくというストーリーが、数ある医療漫画の中でも珍しい作品です。なおコミックス単行本は、現在第3巻まで発売されています。

    フラジャイル 1
    著者:恵三朗 草水敏
    発売日:2014年11月
    発行所:講談社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784063880151

    漫画『フラジャイル』の詳しい内容・ストーリーについては、こちらのPVをご覧ください。

    また、下記URLからは第1話が試し読みできます(講談社WEBサイト「モアイ」内)。
    〉http://www.moae.jp/comic/fragile/1?_ga=1.166554046.1460629758.1411365060

     

    『フラジャイル』はこんな方におすすめ!

    『フラジャイル』は、20代から50代までかなり幅広い層に読まれています(日販 WIN+調べ)。また、青年コミック誌連載の硬派な医療ドラマでありながら、女性の読者が多いのも特徴です。TwitterなどのSNSを見る限り、主人公・岸先生のスマートでSっ気のある性格にハマってしまった女性が増えているようです。

    fragile_win

    『フラジャイル』のコミックス単行本を買った方が他にどのよう漫画を買っているのか調べてみると、『銀の匙 Silver Spoon』(荒川弘/小学館)『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)『アルスラーン戦記』(漫画:荒川弘 原作:田中芳樹/講談社)など、シリアスな展開を含むドラマ性の強い作品が多く見られます。また、10月16日にドラマ放送が始まった医療漫画『コウノドリ』(鈴ノ木ユウ/講談社)や、菅原道真が明晰な頭脳で事件を解決する『応天の門』(灰原薬/新潮社)と併読されている傾向もあるようです。

    医療漫画には外科医を扱った作品が多いのですが(医療漫画と聞くと手術シーンを連想する方がほとんどのはず)、『フラジャイル』は、一般的にはあまり知られていない「病理医」が主人公です。

    病理医は、病気の原因・過程の診断を専門としています。生体から外科的に切り取った細胞や組織片を顕微鏡で検査し、各診療科での治療方針や診断結果の確定に貢献します。直接患者の目には触れませんが、医師たちの羅針盤となる存在であり、人知れず患者を救う重要な存在です。外科医と比べると地味に感じるかもしれませんが、そんなことはありません。岸先生が顕微鏡と論理を武器に臨床医たちの誤診を見抜いて患者を救う姿は、実に痛快でかっこいいです。天才的な頭脳で事件を解決する名探偵シャーロック・ホームズを彷彿とさせます(そういえば岸先生もホームズも、長身・細身で変人ですね)。

    一癖も二癖もある医師たちや製薬会社のMRを相手に奮闘する部下たちも魅力的です。シャーロック・ホームズになぞらえると、ワトソン君といったところでしょうか。岸先生のもとで働く新人医師の宮崎先生や臨床検査技師の森井先生は、岸先生と違い絶対的な価値観を持っていません。そのためいつも揺らぎ、迷います。そういった彼らの、いわゆる普通の人間の「弱さ」が描かれていることで、『フラジャイル』は非常に深みのある医療ドラマになっています。

    以前からドラマ化が待望されていた『フラジャイル』。主演を務めるTOKIO 長瀬智也さんは、『クロコーチ』(原作:リチャード・ウー 漫画:コウノコウジ/日本文芸社)がドラマ化された際、曲者の悪徳警官・黒河内を見事に演じていました。今回岸京一郎をどのように演じてくれるのか、非常に楽しみです。

    ***

    なお『フラジャイル』は、10月23日(金)に単行本の最新4巻が発売されます!こちらは初版限定で小冊子が付いており、19ページにわたる恵三朗さんの描き下ろし漫画が収録されています。そして本編では、第3巻で盛り上がってきた陰謀製薬編がついに完結します。

    フラジャイル 4
    著者:恵三朗 草水敏
    発売日:2015年10月
    発行所:講談社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784063880953

    今一番面白い医療マンガ『フラジャイル』、お見逃しなく。

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る