• ヨシタケシンスケ最新作『おしっこちょっぴりもれたろう』作品ガイド:みんなの“ちょっぴり困ってる”から伝わる優しいメッセージ

    2018年06月21日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当
    Pocket

    ヨシタケシンスケさんの最新絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』が、6月5日(火)に発売されました。

    『りんごかもしれない』『つまんないつまんない』など、ユーモアあふれる発想と子どもの心に寄り添う絵本で人気を博してきたヨシタケさん。本作は「おしっこの時にいつもちょっぴりもらしてしまう男の子」が主人公となっていますが、どんなお話が描かれているのでしょうか?

    本作の内容とヨシタケさんが込めたメッセージについて、編集を担当したPHP研究所・児童書局出版部の阿部聡子さんに文章を寄せていただきました。

    おしっこちょっぴりもれたろう
    著者:ヨシタケシンスケ
    発売日:2018年06月
    発行所:PHP研究所
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784569787787

     

    「おしっこ」だけではありません。

    『おしっこちょっぴりもれたろう』は、タイトルだけを見ると子どもが喜ぶ「おしっこの絵本」かと思われますが、本書はおしっこだけがテーマの絵本ではないのです。

    いつもおしっこがもれちゃう男の子、もれたろう。「いいじゃないか、ちょっぴりなんだから。ズボンをはいたらわかんないんだから」と言って、おしっこが乾くまで冒険にでかけます。そして、自分のように「もれたろう」で困っている人がいるんじゃないかと、みんなに声をかけていくのです。もれたろうは仲間を探していく中で、あることに気がつきます。

    最初の打ち合わせの時に、「タイトルは『おしっこちょっぴりもれたろう』にしようと思う」と、ヨシタケさんから一言。タイトルだけで笑わせてくれるセンスに脱帽でした。そして、「少しだけもれちゃう子が主人公で、終わり方だけ決まっている」とのこと。それから後日あがってきたラフは、単におしっこだけではない、気づきや切なさを感じる深い内容でした。

    「その感覚わかる!」というあるあるネタが出てきたり、もれたろうの意外な仲間も登場するなど、笑いが盛りだくさんの内容です。そして、もれたろうが仲間探しを通じていろいろなことを考える場面は、大人の心にも響くはずです。

    また、ユーモアだけでなくヨシタケさんの優しさも垣間見ることができます。「もれたっていいじゃないか」「大丈夫、大丈夫」と、子どもたちの悩みに寄り添いながら、ヨシタケさんの発想や面白さで心を軽くしてくれる、そんな絵本になっています。

    期待を裏切らないヨシタケワールド全開の絵本、親子で読んで頂けると嬉しいです。そして、おしっこがもれて落ち込んでいる子がいたら、「もれたっていいじゃないか!」と、思ってくれたらいいですね。

    PHP研究所 児童書局出版部 阿部聡子

    おしっこちょっぴりもれたろう
    著者:ヨシタケシンスケ
    発売日:2018年06月
    発行所:PHP研究所
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784569787787

     

    あわせて読みたい

    ヨシタケシンスケ史上、最も読み聞かせに適した絵本!?『こねてのばして』発売!他のおすすめ作品紹介つき 

    ヨシタケシンスケの妄想炸裂!「こんな本はあるかしら?」にあの手この手で応えるキュートな一冊『あるかしら書店』

    ヨシタケシンスケが「つまんない」の正体を考えたら、こんなにおもしろい!待望の絵本最新刊『つまんない つまんない』


    common_banner_tenbo




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る