• “故郷が消失した人”が言語を生み出し、異国を生き抜く冒険譚:多和田葉子『地球にちりばめられて』作品ガイド

    2018年06月03日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当
    Pocket

    ドイツを拠点に、ドイツ語と日本語の双方で創作活動を行ない、言葉の垣根を越えて活躍している多和田葉子さん。

    4月24日(火)に発売された最新作『地球にちりばめられて』は、留学中に故郷が消失してしまった女性を主人公とした〈言語をめぐる冒険譚〉です。

    「土地を離れている間に故郷がなくなってしまう」という衝撃的な設定は、どんな意図から生まれたものなのか? 多和田さんならではの本作について、編集を担当した講談社 文芸第一出版部の須田美音さんに文章を寄せていただきました。

    地球にちりばめられて
    著者:多和田葉子
    発売日:2018年04月
    発行所:講談社
    価格:1,836円(税込)
    ISBNコード:9784062210225

     

    誰もが移民になり得る時代の物語

    1991年に群像新人文学賞でデビューし、93年に芥川賞を受賞して以降も、日本とドイツで数々の文学賞を受賞してきた多和田葉子さん。2016年には「ユニークなドイツ語の使い方で、新たな表現の可能性を示した」として、ドイツで最も権威がある文学賞の一つであるクライスト賞を日本人で初めて受賞しました。いま最もノーベル文学賞に近い日本人作家の一人ではないでしょうか。

    『地球にちりばめられて』は、ヨーロッパ留学中に故郷の島国が消滅してしまった女性Hirukoが主人公です。消えてしまった故郷の国名は作中には書かれていませんが、「鮨」や「旨味」の発祥の国だということは……!?

    彼女はヨーロッパで生き抜くため、独自の言語〈パンスカ〉を作り出します。「わたしの紙芝居への夢は巨人。紙芝居屋としてのキャリアはネズミ」という台詞から分かるように、Hirukoが話すパンスカを表現した日本語を読むだけで楽しい小説です。

    日本という国が明日無くなるかも、などと想像している日本人は、ほとんどいないでしょう。でも、ヨーロッパやアジアでは人の交流や移動が活発になっていますし、世界中でテロや難民の問題が深刻になっています。母語ではない言葉を日常的に話さざるを得ない状況にある人は多く、日本人も他人事ではなく、誰もが移民になり得る時代になっている。1982年にドイツに移住した多和田さんは、そのことを身をもって体感しているからこそ、この小説をお書きになったのではないかと思います。

    多和田さんは、震災後に鎖国する近未来の日本を描いたディストピア小説『献灯使』も大きな話題を呼びました。本作も、「国」や「言語」の境界が危うくなった現代を照射していますが、楽しい冒険譚として読むことができます。続編の構想もあるそうなので、著者の新たな代表作の1冊目を、ぜひ読んでみて下さい。

    講談社 文芸第一出版部 須田美音

    献灯使
    著者:多和田葉子
    発売日:2017年08月
    発行所:講談社
    価格:702円(税込)
    ISBNコード:9784062937283

    common_banner_tenbo




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る