• 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』アニメ化決定!地下アイドルと推しに人生を捧げた女ヲタを描くコメディ漫画

    2018年05月19日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    平尾アウリさんによる漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』のアニメ化が、本日5月19日(土)発売の「月刊コミックリュウ」7月号にて発表されました。

    月刊 COMIC (コミック) リュウ 2018年 07月号
    著者:
    発売日:2018年05月19日
    発行所:徳間書店
    価格:670円(税込)
    JANコード:4910138370783

    『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は、マイナー地下アイドルグループで人気最下位のメンバー・舞菜と、彼女の応援に人生のすべてを捧げる熱狂的な女性ファン・えりぴよを中心に、アイドルとファンたちの関係を描いたコメディ漫画。

    『まんがの作り方』で知られる平尾アウリさんが「月刊コミックリュウ」で連載しており、単行本は現在第4巻まで発売されています。

    推しが武道館いってくれたら死ぬ 4
    著者:平尾アウリ
    発売日:2018年05月
    発行所:徳間書店
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784199506222

    岡山県で活動するマイナー地下アイドル【ChamJam】の、 内気で人見知りな人気最下位メンバー【舞菜(まいな)】 に人生すべてを捧げて応援する熱狂的ファンがいる。
    収入は推しに貢ぐので、 自分は高校時代の赤ジャージ。
    愛しすぎてライブ中に鼻血ブーする……伝説の女【えりぴよ】 さん!
    舞菜が武道館のステージに立つ日まで… えりぴよの全身全霊傾けたドルヲタ活動は続くっ♥♥♥

     

    アイドル好きなら共感必至! ピュアなアイドルヲタが愛おしい

    『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は、アイドルヲタクのプラトニックな愛情と哀愁が詰まった作品。ベテランたちの全霊をかけたヲタ活は滑稽にも見えるのですが、そのピュアすぎる姿が次第に愛おしく感じられてきます。

    平尾アウリさんが描くアイドルたちのかわいさも魅力。メンバー間での百合要素もあり、何重にも楽しめる作品です。

    本作は以前より漫画好きたちから高く評価されており、2017年1月に発表された「俺マンガ大賞2016」では現在アニメ放送中の『ゴールデンカムイ』と同票を獲得して第9位にランクイン。「推し武道」の略称でファンに親しまれています。

    なお今回は、放送時期やキャストなどアニメの詳細は発表されていません。今後の続報を待ちましょう。

    【速報】Twitterユーザーが選んだ2016年のおすすめ漫画は?「俺マンガ大賞2016」発表!




    タグ
    Pocket

    ページの先頭に戻る