• 編集業に“ソファ”は必要なのか 文・「LDK」編集長 沢井竜太

    2015年10月08日
    楽しむ
    日販 商品情報センター「日販通信」編集部
    Pocket

    私が編集業界に足を踏み入れたのは、今から17年前のこと。大学時代をモラトリアムで過ごし、5年かけてようやく卒業できた私がなんとかもぐりこめたのは大手出版社の子会社で60人ほどの中規模出版社でした。

    憧れの出版業界に入ることはできたものの、配属されたのは書籍編集部希望とは裏腹に日曜大工をテーマにした隔月刊誌の編集部。それも外部の編集プロダクションが実務を行っていたんで、もうヒマでヒマでしょうがない。出社すると今日はどう時間をつぶすかを考えつつ、夕方ぐらいに用事を設定して直帰なんて当たり前、1時間もかからずに行ける編集プロダクションの事務所にわざわざ3時間ぐらいかけて行ったり、会社のビルは屋上に出られたのでずーっと空を見ていたり、完全にほったらかしの放し飼い状態。

    なので、そのころ私が携わっていた媒体は、その隔月刊誌だけ。年間にしてわずか6本という冊数でした。その後、3社ほど渡り歩き、紆余曲折がいろいろありまして、今は晋遊舎という出版社で「LDK」という女性月刊誌の編集長をしているのですが、ここ1年で携わった本を数えてみると……、28冊に上りました。17年の間で年間に担当する本は約5倍に増えた計算になります。

    一方で、出版界の売上はごぞんじのとおり、ガタ落ちに落ちているわけなんですが、私が入社した1998年の出版物の実売金額は約2兆6,000億円(『出版年鑑』より)。2014年の実売金額は1兆6,000億です。約1兆円余計に儲かっていたわけですから当時は私みたいな役立たずを養っていてもなんでもなかったんですね。

    先ほどの私の年間担当冊数、28冊という数字は、2015年という時代で考えるならば決して多い数字ではないはず。昨今、いろんな意味で話題を提供している某社さんの1カ月の出版ノルマは1人2冊とも聞きますし。

    おかげさまで私の所属する部署は、前年に比べて増収増益という結果で今期を終えられそうです。不遇をかこつ出版界においてはありがたいかぎりなのですが、私が渡り歩いた会社のどれもが非常に厳しいようであります。最初に入った出版社は親会社に吸収合併されて、とうの昔になくなってしまいました。

    その出版社には打ち合わせのためと休憩を兼ねた小さなスペースがありました。黒い革の年代もののソファが置かれたそのスペースには、さまざまな部署から編集者が訪れ、他愛もない雑談をしたものです。とくに小説、マンガ、映画が大好きでサブカルチャーにどっぷり浸っていた私にとって、先輩や同僚編集者と最近読んだ本や観た映画について話すのは至福のひとときでした。そんな会話の端々で、編集者としての矜持や振る舞い方を盗むように学んでいたように思います。

    今、私の編集部はまったくそんな余裕がないわけです。「LDK」はテストする女性誌と標榜していることもあり、空き時間があればテストしたり検証したりと、休むひまもありません。DTP的な作業も効率化の名の下に編集部員がしたりしてるんで、なおさら時間はない。もちろんソファだって置いていません。

    極めて牧歌的な労働環境から超高度な集約労働環境へ。私という個人を通したフィルターで見ると、出版界はこのような変遷をたどっているように思えます。かといって“ソファ的”なものを、完全に切り捨ててしまってそれでいいかというと、そうではないような気もします。非効率的な時間の中には、効率的な時間の過ごし方では学べない“何か”が、ひそんでいるように思います。効率と非効率。この矛盾する働き方をどう融合させるのか。とりあえずこの週末、IKEAにソファを見にいきがてら考えてみようかな……。


    晋遊舎「LDK」編集長
    沢井竜太 ―SAWAI Ryuta
    1975年秋田県生まれ。早稲田大学法学部卒。2009年、晋遊舎に入社、「家電批評」編集長を経て、2014年より現職。


    「LDK」
    「広告一切ナシ!」を掲げ、製品のテスト・検証を行い、よい点も悪い点も包み隠さず掲載。シャンプー、雑貨、コスメ、食料品など、幅広いものを取り扱う。現在発売中の11月号(9月28日発売)では、100均雑貨を使った便利なアイディアやおしゃれな部屋の飾り付けを徹底紹介している。

    LDK (エル・ディー・ケー) 2015年 11月号
    著者:
    発売日:2015年09月28日
    発行所:晋遊舎
    価格:630円(税込)
    JANコード:4910120211155

    (「日販通信」2015年10月号「編集長雑記」より転載)

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る