• 少年Aに人生を変えられた女たちの物語――窪美澄『さよなら、ニルヴァーナ』が文庫化【本日発売】

    2018年05月10日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    5月10日(木)、窪美澄さんによる『さよなら、ニルヴァーナ』の文庫版が文藝春秋より発売されました。

    『さよなら、ニルヴァーナ』は神戸連続児童殺傷事件を題材に、少年犯罪の加害者や被害者遺族、加害者を崇拝した少女など、「少年A」に人生を変えられていく人々を描いた小説作品。

    14歳の時に8歳の女児を殺害し、その頭部を教会の前に置いた少年A。その少年にどうしようもなく惹かれていく少女と、彼女に亡き娘の姿を重ね合わせていく被害者の母親、少年Aの存在に引き寄せられていく作家志望の女……。彼らの自分ではどうしようもない“業”を描き、やるせない人間の姿に深く考えさせられる物語です。

    さよなら、ニルヴァーナ
    著者:窪美澄
    発売日:2018年05月
    発行所:文藝春秋
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784167910631

     

    『さよなら、ニルヴァーナ』刊行時のインタビューはこちら

    作家志望の女性に、自身の作家としての“因果”を託して書かれたという本作。2015年6月のインタビューでは、「事件現場の景色」に触発されて書いたという創作の経緯から、“小説”そのものに込めた思いまで、窪さんにお話をうかがっています。

    〈インタビュー〉窪美澄さん『さよなら、ニルヴァーナ』 「少年A」をめぐる女性たちの物語

    さよなら、ニルヴァーナ
    著者:窪美澄
    発売日:2018年05月
    発行所:文藝春秋
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784167910631

    東京で働きながら小説家を目指していた今日子は、震災が起こった翌年に夢を諦め、母のすすめで実家に戻る。そんな中、過去に凶悪犯罪を起こした少年Aが地元にいるという噂を耳にする。
    一方、神戸生まれで、東京に住む17歳の莢も、少年Aを崇拝し、「聖地巡礼」と称して事件現場などを訪れていた。
    また少年Aに当時7歳の娘を殺された母親は、息子、夫とともに同じ場所にとどまり、一見平穏そうに見える暮らしを送っていたが、教会の人間から、Aのファンの話を聞かされる。
    少年犯罪の加害者、被害者遺族、加害者を崇拝した少女、その運命の環の外にたつ女性作家……それぞれの人生が交錯したとき、彼らは何を思い、何を見つけるのか。

    文藝春秋BOOKS『さよなら、ニルヴァーナ』より〉




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る