• インスタ映えする超短編小説!「あたりまえポエム」の氏田雄介『54字の物語』ツイッターキャンペーン開催中【5/6まで】

    2018年05月01日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    「あたりまえポエム」の氏田雄介による超短編小説集『54字の物語』がヒット中

    ごく当たり前のことを詩的な文体でつづった「あたりまえポエム」で一躍話題となった氏田雄介さん。その氏田さんの2冊目の著書『54字の物語』が、売れ行きを伸ばしています。

    『54字の物語』は、正方形の原稿用紙をつかった、「一話を縦9マス横6行の54字で綴る新しい文学」。「#インスタ小説」シリーズとしてTwitterおよびInstagramに不定期投稿されていたショートショートから90編を厳選して書籍化したもので、幅広い年代の読者に楽しんでもらうため、総ルビの児童書仕様となっています。

    執筆には、情報にあふれた現代でもわずかな時間で楽しめるように、句読点やカギ括弧も1文字にカウントするという基本ルールがあります。

    本作は2018年2月の発売後、店頭やwebサービス「ブクログ」などで注目を集め、すでに4刷までの重版が決定。すでに第2弾の発売も予定されています。

    54字の物語
    著者:氏田雄介 佐藤おどり
    発売日:2018年03月
    発行所:PHP研究所
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784569787435

     

    オリジナルの物語を募集するTwitterキャンペーン「#54字の文学賞」開催中

    「意外なインスタ映え」だとSNSで書籍化前から話題を呼んでいた、9マス×6行のオリジナル原稿用紙におさまった『54字の物語』。

    現在、発売元のPHP研究所では、オリジナルの「54字の物語」の投稿を募集するTwitterキャンペーン「#54字の文学賞」を5月6日(日)まで実施しています。

    優秀作は6月上旬、作者名とともにPHP研究所のホームページ上で発表される予定です。

    〉「#54字の文学賞」の詳細・応募要項はこちら

    著者プロフィール
    氏田雄介(うじた ゆうすけ)
    1989年、愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒。企画作家として広告などの企画・制作を手掛ける。2017年4月に、あたりまえのことを詩的な文体でつづった『あたりまえポエム 君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ』(講談社)を刊行。受賞歴は、全日本DM大賞、Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード、コードアワードなど。Instagramで「#インスタ小説」のハッシュタグとともに、54字の物語をつづっている。

    Instagram:ujiqn
    Twitter:@ujiqn

    君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ
    著者:氏田雄介
    発売日:2017年04月
    発行所:講談社
    価格:1,000円(税込)
    ISBNコード:9784062205375




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る