• 2015年秋アニメ「ヤング ブラック・ジャック」 原作コミックはこれを読め!期待度ランキングベスト5【Part2】

    2015年10月06日
    楽しむ
    芝原 克也(日販 販売企画G)
    Pocket

    2015年秋アニメの期待度ランキングベスト5、第1回の「ワンパンマン」に続く第2回は、「ヤング ブラック・ジャック」をご紹介します。

    〉【Part1】「ワンパンマン」の記事を読む

     

    コミックス紹介

    ヤングブラック・ジャック 1
    著者:大熊ゆうご 手塚治虫 田畑由秋
    発売日:2012年05月
    発行所:秋田書店
    価格:576円(税込)
    ISBNコード:9784253150651

    『ヤング ブラック・ジャック』は、脚本:田畑由秋さん、漫画:大熊ゆうごさんによる医療漫画です。秋田書店「ヤングチャンピオン」にて連載中で、コミックス単行本は現在第9巻まで発売されています。

    タイトルから分かる通り、手塚治虫さんの『ブラック・ジャック』を原作とした作品で、「ブラック・ジャック」こと間黒男(はざま くろお)の若き日を描いています。天才外科医「ブラック・ジャック」は、なぜ無免許医となり、法外な治療費を請求するようになったのか。1960年代を舞台に、間黒男が医大で医師免許取得に向け勉強をしていた頃のエピソードが、大学闘争やベトナム戦争といった当時の情勢と共に描かれます。

     

    漫画『ヤング ブラック・ジャック』の読者の特徴は?

    ヤングブラック・ジャックWIN『ヤング ブラック・ジャック』の読者には女性がかなり多く、中でも10代後半から20代の方が中心となっています(日販 WIN+調べ)。

    連載誌の「ヤングチャンピオン」は青年コミック誌なので、女性に人気というと、ちょっと意外に思われるかもしれません。実際、単行本第1巻が発売された直後は、まだ「明らかに女性が多い」という状態ではありませんでした。

    しかし『ヤング ブラック・ジャック』を読めば納得する方も多いはず。大熊ゆうごさんが描く黒男がとても美麗で、なんとも怪しい色気があるのです!『ヤング ブラック・ジャック』では黒男の年齢が若いこともあって、より美しくてキュートな側面が強めに描かれています。そんな黒男の魅力が次第に女性の間で話題になり、今のような読者層になりました。

    ヤングブラック・ジャック 4
    著者:大熊ゆうご 手塚治虫 田畑由秋
    発売日:2013年09月
    発行所:秋田書店
    価格:576円(税込)
    ISBNコード:9784253150682

    ヤングブラック・ジャック 5
    著者:大熊ゆうご 手塚治虫 田畑由秋
    発売日:2014年02月
    発行所:秋田書店
    価格:576円(税込)
    ISBNコード:9784253150699

    『ヤング ブラック・ジャック』のコミックス単行本を購入した方がどのようなコミックスを他に買っているか調べると、『魔法使いの嫁』(ヤマザキコレ/マッグガーデン)『黒執事』(枢やな/スクウェア・エニックス)などのダークで美しい世界観を持った作品がみられます。

    〉秋田書店『ヤング ブラック・ジャック』紹介ページ(試し読みあり)
    http://www.akitashoten.co.jp/comics/4253150659

     

    アニメ紹介

    「ヤング ブラック・ジャック」のアニメーション制作は、手塚プロダクションが担当。アニメは10月よりTBS、CBC、サンテレビほかにて順次放送がスタートしています。キャストは間黒男役を梅原裕一郎さん、藪役を遊佐浩二さん、軍医役を諏訪部順一さんが務めます。

    〉TVアニメ「ヤング ブラック・ジャック」公式サイト
    http://www.tbs.co.jp/anime/ybj/

    女性読者が多いとはいえ、もちろん手塚治虫版『ブラック・ジャック』を好きな男性も十分楽しめる作品です。手塚治虫作品ではおなじみの「ヒョウタンツギ」が登場したり、『どろろ』の百鬼丸など他作品のキャラを登場させるいわゆる「スター・システム」を採用したりと、手塚ファンをニヤリさせる仕掛けもたくさんあります。現代風の絵柄に最初は違和感を覚えるかもしれませんが、ぜひ若き日のブラック・ジャックの活躍を楽しんでもらいたいです。

    ***

    皆さん、『ヤング ブラック・ジャック』に興味を持っていただけたでしょうか?次回は『進撃!巨人中学校』(漫画:中川沙樹 原作:諫山創/講談社)をご紹介いたします。お楽しみに!

    〉【Part3】「進撃!巨人中学校」の記事を読む


    「2015年秋アニメ 期待度ランキングベスト5」バックナンバー
    〉【Part1】『ワンパンマン』(原作:ONE 漫画:村田雄介/集英社)

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る