• “究極の完全犯罪”の真相と目的は?「ラプラスの魔女」ついに公開!:今週公開の映画

    2018年05月04日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    5月4日公開「ラプラスの魔女」

    計算によって、未来を予見できる知性=「ラプラスの悪魔」。異色のミステリーとして多くの読者を驚かせた東野圭吾さんのミステリー小説が、櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰という豪華キャストで映画化!

    監督は三池崇史さん、脚本は「半沢直樹」「下町ロケット」「小さな巨人」「陸王」といった大ヒットドラマを手がけた八津弘幸さんが担当。さらに、世界で爆発的ヒットとなったアラン・ウォーカーの「Faded」が主題歌となっています。

    初老の男性が妻と訪れた温泉地で、硫化水素中毒により死亡した。事件の担当刑事・中岡は、妻による遺産目当ての計画殺人ではないかと疑いを抱く。警察からの依頼で事故現場の調査を行った地球化学の専門家・青江修介教授は、「気象条件の安定しない屋外で、致死量の硫化水素ガスを吸引させる計画殺人は実行不可能」と断定、事件性を否定した。それから数日後。別の地方都市でも硫化水素中毒による死亡事故が発生、その被害者が前回の事故で死亡した男と顔見知りであることが判明した。青江は新たな事故現場の調査に当たるが、やはり前回同様、事件性は見受けられない。遠く離れた場所で同じ自然現象による事故が連続して起こり、被害者が知人同士だった……この事実は、単なる奇妙な偶然なのか? だが、もしこれらが事故でなく、連続殺人事件と仮定するのであれば、犯人は【その場所で起きるすべての自然現象をあらかじめ予測していた】ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。未来を予見する知性=「ラプラスの悪魔」など現実に存在するはずがない……。行き詰る青江の前に、1人の女が現れた。彼女の名は、羽原円華。事件の秘密を知る人物・甘粕謙人の行方を追っているという。怪しむ青江の目の前で、円華は、これから起こる自然現象を言い当ててみせた。円華の「予知」に隠された秘密とは? 甘粕謙人とは何者なのか? そして動き出す、第三の事件……。青江の想像をはるかに超える、おそるべき全貌とは!? 驚愕と衝撃の結末に向けて、彼らの運命が大きく動き始めた。

    映画「ラプラスの魔女」公式サイトより)

    原作はこちら

    ラプラスの魔女
    著者:東野圭吾
    発売日:2018年02月
    発行所:KADOKAWA
    価格:821円(税込)
    ISBNコード:9784041054932

    前日譚も刊行されています

    魔力の胎動
    著者:東野圭吾
    発売日:2018年03月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784041067390

     

    5月5日公開「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」

    〈過去編〉全6話がついに完結!! 4週間限定のイベント上映です。

    宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムでジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。
    ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“V作戦”を計画。その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。
    一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。

    「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」公式サイトより)

    原作はこちら

    機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 1 愛蔵版
    著者:安彦良和
    発売日:2005年05月
    発行所:角川書店
    価格:2,700円(税込)
    ISBNコード:9784048538091
    機動戦士ガンダムTHE ORIGIN公式ガイドブック 3
    著者:安彦良和
    発売日:2011年11月
    発行所:角川書店
    価格:821円(税込)
    ISBNコード:9784047156005




    タグ
    Pocket

  • 自衛隊防災BOOK_SP記事下

    bousai20180918_sp
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る