• 【本日発売】宮部みゆき『あやかし草紙』:「三島屋変調百物語」シリーズ第5弾にして第1期完結篇!

    2018年04月27日
    楽しむ
    日販 仕入部 福本
    Pocket

    昨年8月に、デビュー30周年を記念した『この世の春』を発表した宮部みゆきさん。そんな宮部さんがライフワークとして執筆している「三島屋変調百物語」シリーズの第5弾、『あやかし草紙』が4月27日(金)に発売されました。前作の『三鬼』から1年4か月ぶりの続編です。

    「三島屋変調百物語」シリーズの主人公は、叔父夫婦が営む江戸の袋物屋に身を寄せる少女・おちか。彼女は叔父の言いつけに従って不思議な話を100話集めるべく、人々の話に耳を傾けるのでした……。本書には「開けずの間」「だんまり姫」「面の家」「あやかし草紙」「金目の猫」の全5篇が収録されています。

    今作をもってシリーズ第1期が完結。既刊を未読の方は、この機会に一気読みしてみてはいかがですか?

    あやかし草紙
    著者:宮部みゆき
    発売日:2018年04月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784041067925

    江戸は神田の筋違御門先にある袋物屋の三島屋で、風変わりな百物語を続けるおちか。 塩断ちが元凶で行き逢い神を呼び込んでしまい、家族が次々と不幸に見舞われる「開けずの間」。 亡者を起こすという“もんも声”を持った女中が、大名家のもの言わぬ姫の付き人になってその理由を突き止める「だんまり姫」。屋敷の奥に封じられた面の監視役として雇われた女中の告白「面の家」。百両という破格で写本を請け負った男の数奇な運命が語られる表題作に、三島屋の長男・伊一郎が幼い頃に遭遇した椿事「金目の猫」を加えた選りぬき珠玉の全五篇。人の弱さ苦しさに寄り添い、心の澱を浄め流す極上の物語、シリーズ第一期完結篇!

    KADOKAWA公式サイト『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』より)

     

    「三島屋変調百物語」シリーズ既刊はこちら

    おそろし
    著者:宮部みゆき
    発売日:2012年04月
    発行所:角川書店
    価格:778円(税込)
    ISBNコード:9784041002810
    あんじゅう
    著者:宮部みゆき
    発売日:2013年06月
    発行所:角川書店
    価格:885円(税込)
    ISBNコード:9784041008225
    泣き童子
    著者:宮部みゆき
    発売日:2016年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:821円(税込)
    ISBNコード:9784041039915
    三鬼
    著者:宮部みゆき
    発売日:2016年12月
    発行所:日本経済新聞出版社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784532171414

     

    宮部みゆきさん関連記事

    ネットに書き込んだ悪意ある言葉は、すべて自分の中に蓄積される!?宮部みゆき『悲嘆の門』文庫版発売




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る