• 【本日発売】伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』が文庫化:近未来の日本で魔女狩り!?「正義」の意味を問う長編

    2018年04月12日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 杉本
    Pocket

    4月12日(木)、伊坂幸太郎さんによる『火星に住むつもりかい?』の文庫版が光文社より発売されました。

    物語の舞台は、法の執行者として「平和警察」が権力をふるう近未来の日本。市民がお互いに密告しあい、危険人物と目されれば拷問を受け、簡単に死刑にされる――。“魔女狩り”が行なわれていた中近世のヨーロッパのような社会に突如登場した、謎のヒーローの活躍が描かれます。

    「正義とはなにか?」を問いなおすエンタメ長編作品です。

    火星に住むつもりかい?
    著者:伊坂幸太郎
    発売日:2018年04月
    発行所:光文社
    価格:842円(税込)
    ISBNコード:9784334776282

    住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる――身に覚えがなくとも。交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが……。今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか? そのとき! 全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!

    光文社公式サイト『火星に住むつもりかい?』より)

     

    あわせて読みたい

    伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』が映画化決定!三浦春馬主演で今冬公開予定
    人質立てこもり事件発生!痛快な籠城エンタメミステリ!伊坂幸太郎『ホワイトラビット』
    伊坂幸太郎〈殺し屋シリーズ〉最新作発売!『AX アックス』は“家族”“父と息子”がキーワードの、物騒でやさしい物語




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る