• 【本日発売】有川浩『明日の子供たち』が文庫化:元営業マンが児童養護施設に転職!?

    2018年04月10日
    楽しむ
    日販 仕入部 N.M
    Pocket

    4月10日(火)、有川浩さんによる『明日の子供たち』の文庫版が幻冬舎より発売されました。

    個性的なキャラクターと、細やかな感情の描写に定評のある有川さんの作品。『明日の子供たち』では児童養護施設を舞台に、熱意をもって転職してきた青年と子どもたちの絆が描かれています。

    ていねいに綴られた児童養護施設の実情にも注目。家庭での児童虐待や、親元を離れて暮らす子どもの就労支援など、社会の一員として無視できないテーマが凝縮された一冊です。

    明日の子供たち
    著者:有川浩
    発売日:2018年04月
    発行所:幻冬舎
    価格:832円(税込)
    ISBNコード:9784344427143

    諦める前に、踏み出せ。
    思い込みの壁を打ち砕け!
    児童養護施設に転職した元営業マンの三田村慎平はやる気は人一倍ある新任職員。
    愛想はないが涙もろい三年目の和泉和恵や、理論派の熱血ベテラン猪股吉行、“問題のない子供”谷村奏子、大人より大人びている17歳の平田久志に囲まれて繰り広げられるドラマティック長篇。

    幻冬舎公式サイト『明日の子供たち』より)

     

    あわせて読みたい有川浩さん関連記事

    それぞれの不幸を抱えた人々。聖夜は彼らに奇跡をもたらすか?有川浩『キャロリング』文庫版発売




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る