• 【2018春アニメ】原作コミックはこれを読め!おすすめランキングBEST5【試し読みあり】

    2018年04月07日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    2018年春アニメが4月からスタート!

    2018年1月開始の冬クールのアニメが3月で終了し、4月から春クールのアニメが始まります

    冬アニメでは「からかい上手の高木さん」「ポプテピピック」「ゆるキャン△」といったコミック原作のアニメがヒット。2018年4月スタートの春アニメに関しても、コミック原作のタイトルが豊作です!

    その数は冬クールよりも多く約40タイトルと、ここ最近ではかなり多い作品数。

    「選択肢が多すぎて、どれを見ればいいかわからない!」という方のために、今回は原作コミックの発行部数や直近の売上動向などをもとに、押さえておきたいおすすめタイトルベスト5をご紹介します。

    冬アニメの復習はこちらから!
    アニメ化効果は最大10倍!2018年冬アニメの原作コミック売上ランキングベスト5

     

    第1位『ゴールデンカムイ』

    ゴールデンカムイ 1
    著者:野田サトル
    発売日:2015年01月
    発行所:集英社
    価格:555円(税込)
    ISBNコード:9784088900827

    2018年春アニメの最注目作は、『ゴールデンカムイ』で間違いないでしょう。

    『ゴールデンカムイ』は、野田サトルさんによるサスペンスアクション漫画です。2014年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載をスタートし、「コミック第1巻売上ランキング」2015年上半期では第4位にランクイン。その後も「このマンガがすごい!2016」オトコ編第2位、「俺マンガ大賞2015」第3位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」第7位、そして「マンガ大賞2016」では大賞を獲得しています。

    本作の舞台は、北の大地・北海道。元軍人の主人公「不死身の杉元」が莫大な埋蔵金を巡り、野生の熊や死刑囚、軍人、新撰組の生き残り……といった怪人たちを相手取り、躍動感たっぷりのバトルアクションを繰り広げます。

    ただし決して“どシリアス”な作品ではなく、『ゴールデンカムイ』はグルメ、コメディ、サスペンスと幅広い要素を含んでいるところが魅力です。アイヌの美少女・アシリパや、お笑い担当である“脱獄王”白石、敵対するキャラクターまでどの人物も個性が際立っており、特にギャグパートは爆笑必至。食や生活の知恵など、あまり知られていないアイヌの文化にも触れることができます。

    アニメ化にあたって気になるのは、バイオレンスな描写や変態キャラクターたちなど、本作の強烈なスパイスとなっている部分がどこまで再現されるのかということ。「刻刻」を手がけたジェノスタジオがアニメーション制作を担当していることもあり、“攻め”の表現に期待が高まります。

    4月9日(月)よりTOKYO MX、読売テレビ、札幌テレビ、BS11にて放送
    http://www.kamuy-anime.com/

    『ゴールデンカムイ』の試し読みはこちらから

     

    第2位『ヲタクに恋は難しい』

    ヲタクに恋は難しい 1
    著者:ふじた
    発売日:2015年04月
    発行所:一迅社
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784758008464

    『ヲタクに恋は難しい』は、美男美女なのに絶対に“リア充”になれない、ヲタクカップルを描くラブコメディ。

    隠れ腐女子・成海と、ルックスはよく仕事もできるが重度のゲームヲタクである幼なじみ・宏嵩との恋愛を描いたラブコメディ。Webコミック誌「comic POOL」(pixivコミック)で連載されており、テンポのいい掛け合いで人気を博して「このマンガがすごい!2016」オンナ編第1位、「コミック第1巻売上ランキング」2015年上半期第2位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」第8位、「同 2017」第9位、「WEBマンガ総選挙」第1位と、数々の漫画ランキングで上位を獲得しています。

    ヲタクならではのあるあるネタが盛り込まれているだけに「ヲタクであるほど楽しめる作品」ではあるのですが、本作で描かれているのは不器用な男女の恋愛模様。またラブストーリーでありながら漫才のような掛け合いが楽しいので、ヲタク属性の有無にかかわらず、また男女問わず楽しめる作品となっています。

    現在『ヲタクに恋は難しい』の単行本は第5巻まで発売中。約8割を女性が占めている読者層が、アニメ化によって変動するかにも注目したいところです。

    4月12日(木)よりフジテレビ“ノイタミナ”枠にて放送
    http://wotakoi-anime.com/

    『ヲタクに恋は難しい』の試し読みはこちらから

     

    第3位『異世界居酒屋「のぶ」』

    異世界居酒屋「のぶ」 1
    著者:蝉川夏哉 ヴァージニア二等兵
    発売日:2015年12月
    発行所:KADOKAWA
    価格:626円(税込)
    ISBNコード:9784041037805

    『異世界居酒屋「のぶ」』は、小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されている蝉川夏哉さんの人気ライトノベルを原作とした作品。ヴァージニア二等兵さんが漫画化を手がけ、2015年より「ヤングエース」(KADOKAWA)にて連載されています。

    舞台となる居酒屋「のぶ」は、日本の寂れた商店街の一角に店舗を構える普通の居酒屋。しかし店の玄関がなぜか中世ヨーロッパ風の居酒屋につながっており、しばしば異世界の住人たちが訪れては、生ビールや枝豆、定食といった定番メニューを楽しみ、心遣いの行き届いた“おもてなし”に満たされていく姿が描かれます。

    彼らの幸せそうな表情に、こちらもほっこりさせられる作品。アニメでは看板娘の「しのぶ」を三森すずこさんが演じており、そのかわいさも癒やしポイントをアップさせています。

    『異世界居酒屋「のぶ」』は、現在第5巻まで発売中。また、蝉川さんの書き下ろしストーリーによる『異世界居酒屋「のぶ」 しのぶと大将の古都ごはん』も第1巻が発売されています。

    4月13日(金)よりバンダイチャンネルほかにて一斉配信
    https://r.gnavi.co.jp/nobu/

    『異世界居酒屋「のぶ」』の試し読みはこちらから
    『異世界居酒屋「のぶ」 しのぶと大将の古都ごはん』はこちら




     

    第4位『デビルズライン』

    デビルズライン 1
    著者:花田陵
    発売日:2013年09月
    発行所:講談社
    価格:596円(税込)
    ISBNコード:9784063872552

    『デビルズライン』は、本作で連載デビューした花田陵さんによるダークサスペンス。2013年より「モーニング・ツー」(講談社)で連載されている作品です。

    吸血欲のある〈鬼〉と人間が共存する世界で、鬼と人間のハーフである警察官と大学院生の女の子が、とある陰謀に巻き込まれていくさまを描く本作。並外れた身体能力をもつ〈鬼〉たちとのバトルや、誰が敵で誰が味方なのかわからないドラマチックなストーリー展開、主人公とヒロインの恋愛模様が見どころです。

    絵柄自体がそこまで色っぽいわけではないのに、男性キャラクターに影があり、非常にエロティックに感じられる点も魅力。現在は女性ファンの間で“知る人ぞ知る人気作”として支持を集めていますが、今回のアニメ化で知名度を上げ、一気にブレイクする可能性があります。

    なお『デビルズライン』の単行本は、現在第11巻まで発売中です。

    4月7日(土)よりTOKYO MX、BS11、サンテレビ、KBS京都、ABA青森朝日放送ほかにて放送
    http://devilsline.jp/

    『デビルズライン』の試し読みはこちらから

     

    第5位『ヒナまつり』

    ヒナまつり 1
    著者:大武政夫
    発売日:2011年07月
    発行所:エンターブレイン
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784047273818

    『ヒナまつり』は、未来からやってきた超能力少女・ヒナと、やり手の若手ヤクザ・新田の同居生活を描くコメディ漫画。ズボラで世間知らずで暴走気味のヒナと、世話好きゆえに振り回される新田がドタバタの日常劇を繰り広げます。

    作者は大武政夫さんで、本作が初連載。2010年より「ハルタ」(KADOKAWA)で連載されており、単行本は第14巻まで発売されています。

    淡々としていながら、独特の間で笑わせてくる『ヒナまつり』。アニメであの独特な空気感がどう表現されるのか非常に楽しみです。序盤はやはりヒナのキャラクターが強烈に感じられますが、次第にそれを普通と感じてしまうくらいダメな人たちが登場してくるので、こちらも要チェック。

    4月6日(金)よりTOKYO MX、テレビ愛知、KBS京都、サンテレビ、TVQ九州放送、BS11、AT-Xにて放送
    http://hina-matsuri.net/

    『ヒナまつり』の試し読みはこちらから

    ***

    以上、2018年春アニメの原作コミックの中から特におすすめの5作品を紹介しました。

    このほかにも期待作がまだまだありますので、ぜひアニメと一緒に、原作もチェックしてみてくださいね。

     

    春アニメの番組情報一覧をチェック!

    http://hon-hikidashi.jp/enjoy/48635/




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る