• 教え子が芥川賞をダブル受賞したカリスマ講師・根本昌夫の『【実践】小説教室』発売!

    2018年03月31日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    今年1月に芥川賞をダブル受賞した岩竹千佐子さん石井遊佳さんの“先生”として注目を集めている根本昌夫さん。

    その根本さんの『【実践】小説教室』が、3月21日(水)に発売されました。

    [実践]小説教室
    著者:根本昌夫
    発売日:2018年03月
    発行所:河出書房新社
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784309026633

    根本さんは「海燕」「野性時代」の編集長を歴任した文芸編集者。島田雅彦さん、吉本ばななさん、小川洋子さん、角田光代さん、瀬名秀明さんなど錚々たる顔ぶれのデビューに立ち会い、出版社を退職した後も大学やカルチャーセンターで小説講座の講師を務めて、多くの作家志望者を新人賞受賞へ導いてきました。

    本書は、2013年に刊行された新書に書き下ろしを加え、再編集したもの。「小説とは何か」ということから小説の書き方・読み方まで、根本さんの基本メソッドがわかりやすく解説されています。

    受講希望殺到の小説教室を、紙上で再現した一冊です。

    【目次】
    はじめに 書きたいときが、始めどき

    1.小説とは何ですか?
    ①小説は「お話」ではない
    ②小説家に向く人、不向きな人
    ③小説家を目指すには

    2.書いてみよう
    ①小説を書くということ
    ②テーマを決めよう
    ③書き方あれこれ

    3.読んで深く味わおう
    ①小説の読み方
    ②作品解説

    おわりに 人はなぜ小説を書くのか

     

    関連記事

    第158回芥川賞・直木賞贈賞式「今は人生100年時代。60なんてまだまだチャンスがあります」
    第158回芥川賞は石井遊佳「百年泥」と若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」、直木賞は門井慶喜「銀河鉄道の父」に決定




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る