• 整形で美人になった「ブス」は、幸せになれるのか?『自分の顔が大キライ』

    2018年03月27日
    楽しむ
    日販 仕入部 まりあんぬ
    Pocket

    「自分の顔が大キライ!」 整形手術の先に幸せは待っているのか?

    「きれいになりたい」
    「かわいくなりたい」

    女性なら、誰もが一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。たとえば私は、一重の目が小さい頃からコンプレックスで、パッチリ二重の妹をうらやましく思ったものです。

    今でこそ自分の顔面に折り合いをつけて楽しい毎日を送っていますが、ふと「もしこの目が二重だったら……」と妄想することもしばしば。

    今回は「自分の顔が大キライ」と言い放ち、実際に整形手術を受けた著者のコミックエッセイをご紹介します。

    自分の顔が大キライ
    著者:長谷川ケイ
    発売日:2018年03月
    発行所:イースト・プレス
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784781616483

    長谷川ケイさんは少女時代から顔のコンプレックスに悩み続け、一大決心の末に整形手術を受けます。はたして彼女は、幸せをつかむことができたのでしょうか?

     

    中学生のときに自分が「ブス」であると認識し、整形を決意

    優しいお父さんに「かわいい」と言われ続けて育った長谷川さん。本人も「自分は特別にかわいいのだ」と信じて育ちました。

    しかし小学生のとき、ちょっとした違和感を感じ始めます。

    また、幼いころからニキビができやすい体質で、小学校4年生のときには顔中がニキビだらけに。男子に陰口を言われたりするうちに、顔を見られないようにうつむいて歩く癖がついてしまいます。

    そして中学2年生のある日……。

    長谷川さんは、自分のことを「ブス」であると認識。「いつか整形手術を受けよう」と決意します。




    1 2
    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る