• さわや書店の名物店長が仕事哲学を初公開!『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない』

    2018年03月25日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当 猪越
    Pocket

    業界屈指の“こだわりの本屋”として知られ、「さわベス」や「文庫X」などユニークな取り組みで盛岡の地からベストセラーを連発しているさわや書店。

    フェザン店の店長を務める松本大介さんが、初の著書『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない』を3月25日(日)に出版しました。

    松本店長も、自ら手がけたPOPで『思考の整理学』をミリオンセラーに押し上げた名物書店員です。『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない』ではそんな松本さんが、書店員として17年間勤めてきたなかで掴んだ、仕事のあり方と哲学を初公開。情熱あふれる仕事への向き合い方から日常の過ごし方までが、幅広く綴られています。

    ▼松本さんが手がけた『思考の整理学』のPOP。同書は現在225万部を突破しています。

    本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない
    著者:松本大介
    発売日:2018年03月
    発行所:筑摩書房
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784480864574

    【目次】
    第一章 さわや書店入社
    第二章 本屋発のベストセラーの作り方
    第三章 盛岡で本屋として働くこと
    第四章 さわや書店の新規出店
    第五章 〈さわや書店〉と〈本〉のこれから

     

    ほかにもあります!さわや書店に関する本

    まちの本屋
    著者:田口幹人
    発売日:2015年11月
    発行所:ポプラ社
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784591147399

    地域の中にいかに本を根づかせるかをテーマに、中学校での読書教育や職場体験の受け入れ、イベントの企画、図書館との協働などを積極的に行っているさわや書店の田口幹人さん。『まちの本屋』には現代におけるリアルな本屋の存在価値や、「まちの本屋」の活路についてが綴られています。

    書店員X
    著者:長江貴士
    発売日:2017年07月
    発行所:中央公論新社
    価格:907円(税込)
    ISBNコード:9784121505897

    2016年に大きな話題となった「文庫X」。表紙を手書きカバーで覆い、タイトルと著者名を隠すという前代未聞の試みはどのようにして生まれたのでしょうか。『書店員X』は「文庫X」の仕掛人である長江貴士さんの、独自の発想法や世の中を生き抜く力について語られた1冊です。

     

    あわせて読みたい

    絶版寸前だった文庫が奇跡の復活!?「文庫X」生みの親が次に仕掛けた作品
    「文庫X」は、HONZでおなじみのあの一冊!正体を隠すことで、どれだけ読者層が変わったのか?
    「文庫X」と『殺人犯はそこにいる』が変えるもの




    タグ
    Pocket

  • すばる舎_スマホ記事下

    abareru20181201
  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る