• ビートたけしが新作小説を発表!本日発売「週刊文春」に一挙掲載!『ゴンちゃん、またね。』

    2018年03月22日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ビートたけし新作小説『ゴンちゃん、またね。』が「週刊文春」に一挙掲載!

    ビートたけしさんの書き下ろし小説『ゴンちゃん、またね。』が、3月22日(木)発売の「週刊文春」3月29日号に一挙掲載されています。

    『ゴンちゃん、またね。』は、うだつの上がらない小説家志望の男・則之と、愛犬のゴンをめぐる物語。ゴンと過ごすひと時が唯一の安らぎという則之の日常に、ある日大きな事件が起こります。

    本作は400字詰め原稿用紙80枚相当の短編小説で、掲載にあたってはたけしさんが自ら描いた挿絵2点が入っています。

    たけしさんが「人生で一度だけ、こんな恋がしたいと思った。」という“究極の愛”を描いた恋愛小説『アナログ』から半年。

    「大人のメルヘンとして読んで貰えたら」という本作の発表にあたって、たけしさんは下記のコメントを寄せています。

    ビートたけしさんのコメント
    書くきっかけは、ガキの頃、初めて飼った野良犬のチビの思い出があったからですね。お袋から棄ててこいと言われて、棄てるんだけど必ずウチへ帰ってくる。最後に町外れまで連れてくと、俺が迷子になっちゃった(笑)。チビが家まで無事に案内してくれたんで、お袋も『なんて頭のいい犬だ』なんてね。結局、飼い方も知らなかったんで満足に世話できなかった。犬の思い出と現代人の孤独が繋がった時に作品が生まれたと思う。こんな時代だし、大人のメルヘンとして読んで貰えたらありがたいな。

    週刊文春 2018年 3/29号
    著者:
    発売日:2018年03月22日
    発行所:文藝春秋
    価格:440円(税込)
    JANコード:4910204050380
    アナログ
    著者:ビートたけし
    発売日:2017年09月
    発行所:新潮社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784103812227

     

    あわせて読みたい

    スマホなしで恋愛できますか?ビートたけし初の純愛小説『アナログ』発売
    「男女の関係はあったんですか?」って、バカなことを聞くんじゃない!ビートたけし『バカ論』
    高齢者に席を譲る理由が「いいことすると気持ちいいから」ってどうなの?―北野武『新しい道徳』文庫版が発売

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る