• 漫画の神々のペンさばきを見よ!NHK Eテレ「浦沢直樹の漫勉」が大反響

    2015年09月17日
    楽しむ
    芝原 克也(日販 販売企画G)
    Pocket

    「浦沢直樹の漫勉」が大反響

    普段は見ることができない漫画家たちの仕事場に密着して、最新の機器で「マンガ誕生」の瞬間を撮影、『MASTERキ-トン』『BILLY BAT』の浦沢直樹さんが同じ漫画家としてインタビューし創作の秘密に迫るNHK Eテレのドキュメンタリー番組「浦沢直樹の漫勉」。昨年11月に「かわぐちかいじ・山下和美」が放送され、反響を呼びました。

    現在は、全4回の「浦沢直樹の漫勉」シーズン1が放送中。第1回(9月4日放送)には『かくかくしかじか』『東京タラレバ娘』の東村アキコさん、第2回(9月11日放送)には『うしおととら』『からくりサーカス』の藤田和日郎さんが登場し、漫画家たちの驚異的な仕事が再び大きな話題を呼んでいます。

    現在「浦沢直樹の漫勉」の公式サイトでは、第1回・第2回で放送された作画中の動画とインタビューの一部が公開中です。

    NHK Eテレ「浦沢直樹の漫勉」公式サイト
    http://www.nhk.or.jp/manben/

     

    第1回「東村アキコ」

    http://www.nhk.or.jp/manben/higashimura/

    密着している作品は、9月11日に発売されたばかりの『雪花の虎(ゆきばなのとら)』。東村アキコさんが上杉謙信女性説に本気で挑んだ大河ロマンです。

    雪花の虎 1
    著者:東村アキコ
    発売日:2015年09月
    発行所:小学館
    価格:750円(税込)
    ISBNコード:9784091871886

    小学館『雪花の虎』紹介ページ(試し読みあり)
    http://hi-bana.com/works001.html

    「東村アキコさんは筆が速い」と聞いたことはありましたが、実際に映像を見ると驚異的ですね!下絵なしで一発描きする人影のコマには震えました。

     

    第2回「藤田和日郎」

    http://www.nhk.or.jp/manben/fujita/

    密着している作品は、7月23日に上下巻で発売された19世紀英国伝奇アクション『黒博物館 ゴースト アンド レディ』です。

    黒博物館ゴーストアンドレディ 上
    著者:藤田和日郎
    発売日:2015年07月
    発行所:講談社
    価格:950円(税込)
    ISBNコード:9784063884777

    黒博物館ゴーストアンドレディ 下
    著者:藤田和日郎
    発売日:2015年07月
    発行所:講談社
    価格:950円(税込)
    ISBNコード:9784063884784

    講談社『黒博物館 ゴースト アンド レディ』紹介ページ(試し読みあり)
    http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063884777

    普通、漫画は「あたり」→「下絵」→「ペン入れ」の順で描くものですが、藤田和日郎さんは「あたり」からいきなり「ペン入れ」にいっちゃってます!まず描いてしまって、その後にホワイトで削るというスタイル。熱量ある画の秘密が垣間見えます。

     

    「浦沢直樹の漫勉」第3回・第4回の放送は……?

    「浦沢直樹の漫勉」第3回は9月18日、第4回は9月25日に放送されます。第3回には『ソラニン』『おやすみプンプン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の浅野いにおさん、第4回には『ゴルゴ13』のさいとう・たかをさんが登場します。

    デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 3
    著者:浅野いにお
    発売日:2015年08月
    発行所:小学館
    価格:750円(税込)
    ISBNコード:9784091872609

    ゴルゴ13 178
    著者:さいとう・たかを
    発売日:2015年09月
    発行所:リイド社
    価格:596円(税込)
    ISBNコード:9784845835058

     

    見逃した方に朗報!「浦沢直樹の漫勉」再放送が決定

    「第1回・第2回の放送を全部見たかった!!」とお嘆きの方、安心してください!
    9月20日(日)午前0時~午前2時12分(※9/19(土)の深夜です)、「東村アキコ」「藤田和日郎」「浅野いにお」の3本が一挙放送されることが決定しました!

    紙とペンだけで漫画が誕生する現場は、本当に魔法のよう。漫画好きはもちろん、そうでない人でもきっとその仕事に感動を覚えると思います。「浦沢直樹の漫勉」を見ることでより漫画を楽しんでもらえたら幸いです。

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る