• 【Q】今ブームの刀剣を深く知るには? 【A】コミックから深く知る!

    2015年09月09日
    楽しむ
    Honya Club.comスタッフ
    Pocket

    刀剣ブームの影響で、今、各地で名剣名刀の展示が増えています。私もこの間、好きな刀「一振り小烏丸」(の写し)が展示されるという情報を聞きつけ、足を運んできました!

    小烏丸は「鋒両刃造」(きっさきもろはづくり)といって、先端から中ほどまでが両刃になっている珍しい刀。日本刀に詳しくない方が見ても、その形状に驚くと思います。まさかこのブームのおかげで見られるとは……!

    さらに、源頼光が酒呑童子の首を切り落としたという逸話のある天下五剣・童子切安綱も、来月1月に東京国立博物館にて展示されるとか!童子切安綱はすごい切れ味の刀で、罪人の死体を6体重ねて斬ろうとしたところ、死体どころか土台にまで刃が達したといわれています。

    この刀を知ったきっかけは、楠桂さんの漫画『鬼切丸』でした。少年が人になるために“鬼切丸”で同族の鬼を切り続けていくという、あまり救いのないずっしりとした雰囲気の漫画。幼かった私の心に強烈な印象を残しました……。(源頼光の臣下・渡辺綱の所持していた髭切が「鬼切」と呼ばれたとされています。)

    鬼切丸伝 1
    著者:楠桂
    発売日:2014年09月
    発行所:リイド社
    価格:630円(税込)
    ISBNコード:9784845845729

    日本刀は、美しさを観賞するのもいいですが、刀によっては「美しい姫の姿となって夢枕に立った」「雷神を切った」などそれぞれに逸話があったり、『鬼切丸』のように作品化されたりもしています。

    あなたが昔読んだコミックにも「刀」が登場するものがありませんでしたか?昔読んだ好きな作品を振り返ると、意外な刀剣たちとの出会いがあるかもしれませんよ!

    刀剣物語
    発売日:2015年08月
    発行所:英和出版社
    価格:900円(税込)
    ISBNコード:9784865452013

    ●あわせて読みたい 日本刀の美しさと秘密を学ぶ「刀剣検定」12月13日に岡山・東京・大阪で開催!

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る