• 一木けい『1ミリの後悔もない、はずがない』発売 椎名林檎が嫉妬!?思春期の恋とセックスの痛みを描いたデビュー作。

    2018年02月03日
    楽しむ
    日販 仕入部 N.M
    Pocket

    一木けい『1ミリの後悔もない、はずがない』が発売! 椎名林檎が「50分の円盤や90分の舞台で描きたかった全てが入っている」と絶賛!

    1月31日(水)、一木けいさんのデビュー作『1ミリの後悔もない、はずがない』が発売されました。

    一木さんは新潮社主催「女による女のためのR-18文学賞」において4年連続で最終選考に残り、2016年に発表した「西国(にしこく)失踪少女」でついに読者賞を受賞した新人作家。今回発売された『1ミリの後悔もない、はずがない』には、「西国失踪少女」を皮切りに計5作が収録されています。

    1ミリの後悔もない、はずがない
    著者:一木けい
    発売日:2018年01月
    発行所:新潮社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784103514411

    椎名林檎さんの音楽をずっと聴いてきたという一木さん。「西国失踪少女」の執筆にあたっては、椎名さんがボーカルを務めるバンド・東京事変の「閃光少女」に背中を押されていたそうです。

    ▼椎名林檎さんが嫉妬!?

     

    思春期の恋とセックス。その痛みを覚えていますか?

    『1ミリの後悔もない、はずがない』の冒頭を飾る「西国疾走少女」。小柄でおとなしい中学生・由井が、どこか大人びた雰囲気の同級生・桐原と恋に落ちる物語です。

    信用できない大人たちとは違い、まっすぐに由井と向きあってくれる桐原。陰気な家庭で過ごす日常生活に光をもたらす、桐原とのキラキラした時間。そんな日々のなか、ついに迎えた初めての体験……。交わる視線、柔らかい唇、喉仏の動き、そして破瓜の痛み……。「西国失踪少女」では恋愛とそれ以外の要素が対照的に描かれ、人生のワンシーンが鮮烈に浮かび上がっています。

    ただ幸せなだけではなく、胸が張り裂けそうな苦しさや、涙がこぼれおちるほどの切なさが混ざりあった感情をありありと描いた『1ミリの後悔もない、はずがない』。「女による女のためのR-18文学賞」選考委員を務める辻村深月さんは、本書の帯に「“最初の恋”の普遍的な魅力に満ちた名作」とのコメントを寄せています。

    青春時代に本気でぶつかった恋愛には、タイトルのように「あの時ああしていればよかった」という痛みがともなうのかもしれません。5編の物語はそれぞれが絡みあった内容。切ないラストをぜひ味わってみてください。

    試し読みはこちら

    1ミリの後悔もない、はずがない
    著者:一木けい
    発売日:2018年01月
    発行所:新潮社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784103514411




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る