• このコミックがキテる!既刊5巻以内のおすすめ漫画ランキング〈2018年1月新刊発売〉

    2018年01月31日
    楽しむ
    日販 販売企画部 伊藤
    Pocket

    全国書店のPOSデータを収集・分析し、まだ巻数の若い伸び盛りの漫画を厳選し紹介する『このコミックがキテる!既刊5巻以内のおすすめ漫画ランキング」。今回は2018年1月に発売された新刊から紹介します。

    メジャーなS級タイトルだけでは飽き足らない、新しいモノ好きでライトな漫画好きの方が次の一冊に出会うきっかけになれば幸いです。試し読みができる作品は、試し読みページへのリンクも掲載します。気になった作品は、ぜひ書店で探してみてください!

    買い忘れはない? 2017年12月に新刊が発売されたおすすめ漫画はこちら
    http://hon-hikidashi.jp/enjoy/41571/

    11月のランキングはこちら
    http://hon-hikidashi.jp/enjoy/39959/

     

    第1位『100万の命の上に俺は立っている』(最新4巻が1月9日発売)

    「アンチファンタジー」を謳うファンタジー異色作!

    100万の命の上に俺は立っている 4
    著者:山川直輝 奈央晃徳
    発売日:2018年01月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784065105474

    合理的で友達もつくらない帰宅部の中学3年生、四谷友助。そんな彼が、唐突に異世界に飛ばされ、同級生の女の子たちと力を合わせて戦う羽目に。単独行動大好き、独自の視点でマイペース道を行く四谷は、主人公としてどうなのか──!!?

    マガメガ『100万の命の上に俺は立っている』より)

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『終末のハーレム』(原作:LINK、作画:宵野コタロー/集英社)
    ・『ゴブリンスレイヤー』(原作:蝸牛くも、作画:黒瀬浩介/スクウェア・エニックス)
    ・『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』(原作:むらさきゆきや、漫画:福田直叶、キャラクター原案:鶴崎貴大/講談社)

    おすすめポイント
    突然魔物だらけの異世界に飛ばされた主人公たちが、命がけのサバイバルゲームで奮闘する姿を描く異世界ファンタジー。理不尽なゲーム展開はいうなれば異世界を舞台にした『GANTZ』といったところで、「マイペースで超合理主義」というヒーロー向きでない主人公の、独特な思考も面白さのポイントとなっています。
    また本作は、『マイホームヒーロー』の山川直輝さんが原作を担当しています。『マイホームヒーロー』は、娘のために殺人を犯したごく普通のおじさんが、ごく普通の妻と共謀して“完全犯罪”を目指すクライム・サスペンス。こちらもおすすめです。

    〉試し読みはこちらから
    http://www.shonenmagazine.com/bmaga/100maninochi

     

    第2位『ランウェイで笑って』(最新3巻が1月17日発売)

    夢はパリコレ! 挑め世界!! 今はまだ小さな、少女モデルと少年デザイナーの物語――

    ランウェイで笑って vol.3
    著者:猪ノ谷言葉
    発売日:2018年01月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784065107584

    藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい…!?

    マガメガ『ランウェイで笑って』より)

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『ボールルームへようこそ』(竹内友/講談社)
    ・『僕と君の大切な話』(ろびこ/講談社)
    ・『彼女、お借りします』(宮島礼吏/講談社)
    ・『私の少年』(高野ひと深/双葉社)

    おすすめポイント
    週刊少年マガジン新人漫画賞で、史上4人目となる最上位“特選”に選ばれデビューした猪ノ谷言葉(いのや・ことば)さんの連載デビュー作。「少年誌なのにファッション漫画?」と思うかもしれませんが、本作で描かれているのは〈夢を諦めない少年少女の熱い青春〉です。
    「マンガ大賞2018」にもノミネートされている大注目の作品! ぜひ今からチェックしておきましょう。

    新人漫画賞史上4人目の特選でデビュー!猪ノ谷言葉が描く『ランウェイで笑って』

    〉試し読みはこちらから
    http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784065101308

     

    第3位『なんでここに先生が!?』(最新3巻が1月5日発売)

    著者が本作で挑むのは「おっぱいの柔らかさの限界」。生徒×先生のラブコメ衝撃作!

    なんでここに先生が!? 3
    著者:蘇募ロウ
    発売日:2018年01月
    発行所:講談社
    価格:637円(税込)
    ISBNコード:9784065108048

    おっかないと評判の児嶋先生。でも俺の前ではいつでも天然ドジな困った先生だ。男湯、トイレ、プール、保健室‥なぜかエッチな体で大ピンチ! 俺はいったいどうすればいい!? 誰か答えを教えてくれ!!!!

    ヤングマガジン公式サイト『なんでここに先生が!?』より)

    〈この漫画が好きな人におすすめ!〉
    ・『終末のハーレム』(原作:LINK、作画:宵野コタロー/集英社)
    ・『はじめてのギャル』(植野メグル/KADOKAWA)
    ・『ゆらぎ荘の幽奈さん』(ミウラタダヒロ/集英社)
    ・『手品先輩』(アズ/講談社)

    おすすめポイント
    「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されている、ちょっとHなラブコメディ。『なんでここに先生が!?』は、巻ごとに主人公とメインヒロイン(=生徒と先生)の組み合わせが変わる点も楽しい作品です。
    今回発売された第3巻も、「ラッキースケベの総合カタログ」といった内容はそのまま。さらに「幼馴染同士」というおいしすぎる設定も加わって、H度はこれまでで1番高いかもしれません!

    〉試し読みはこちらから
    http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063829044




    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る