• 「2018年本屋大賞」ノミネート作が決定!『AX』『かがみの孤城』『屍人荘の殺人』『騙し絵の牙』など10作品

    2018年01月18日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    1月18日(木)、今年の本屋大賞ノミネート作が発表されました。

    本屋大賞のノミネート作は、全国の書店員が最も「売りたい」作品を投票したうちの上位10作品。今回は伊坂幸太郎さんの「殺し屋」シリーズ最新作『AX アックス』や、昨年末のミステリーランキングで3冠を達成した今村昌弘さんの注目のデビュー作『屍人荘の殺人』、俳優の大泉洋さんを主人公にした“あてがき”の小説として話題になった『騙し絵の牙』、将棋ブームも相まって読者を増やしているミステリー小説『盤上の向日葵』などが選ばれました。

    これからこの10作を対象に、大賞を決める2次投票が行われます。

    「2018年本屋大賞」ノミネート作
    ・『AX アックス』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)
    ・『かがみの孤城』(辻村深月/ポプラ社)
    ・『キラキラ共和国』(小川糸/幻冬舎)
    ・『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人/実業之日本社)
    ・『屍人荘の殺人』(今村昌弘/東京創元社)
    ・『騙し絵の牙』(塩田武士/KADOKAWA)
    ・『たゆたえども沈まず』(原田マハ/幻冬舎)
    ・『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)
    ・『百貨の魔法』(村山早紀/ポプラ社)
    ・『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)

    なお知念実希人さん、今村昌弘さん、柚月裕子さん、今村夏子さんは初ノミネート。小川糸さん、村山早紀さん、塩田武士さんは昨年に続き2度目、また辻村深月さんは、2014年から4年連続でのノミネートとなります。

    この中で大賞を受賞したことがあるのは、伊坂幸太郎さん。2006年、08年、09年、15年と過去4度ノミネートされ、『ゴールデンスランバー』で2008年本屋大賞を受賞しています。

    ※阿部和重さんとの合作『キャプテンサンダーボルト』と、『アイネクライネナハトムジーク』の2作がノミネート。

    結果発表は2018年4月10日(火)! まだしばらく時間がありますので、ぜひ気になるものから読んで受賞作を予想してみてください。

    ほんのひきだしでは後日、各作品をこれまでの売れ行きとともに解説する予定です。こちらもお楽しみに。

    現在までの“売れ方”から見る「2018年本屋大賞」:ノミネート10作を解説!

    2017年・2016年の本屋大賞についてはこちら

     

    『AX アックス』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)

    AX アックス
    著者:伊坂幸太郎
    発売日:2017年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784041059463

    担当編集者による作品ガイドを公開中!
    伊坂幸太郎〈殺し屋シリーズ〉最新作!『AX アックス』は“家族”“父と息子”がキーワードの、物騒でやさしい物語

     

    『かがみの孤城』(辻村深月/ポプラ社)

    かがみの孤城
    著者:辻村深月
    発売日:2017年05月
    発行所:ポプラ社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784591153321

     

    『キラキラ共和国』(小川糸/幻冬舎)

    キラキラ共和国
    著者:小川糸
    発売日:2017年10月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784344031937

    他人の想いを紙とペンに込める、”代書屋”の手紙を公開!小川糸『ツバキ文具店』の続編『キラキラ共和国』

     

    『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人/実業之日本社)

    崩れる脳を抱きしめて
    著者:知念実希人
    発売日:2017年09月
    発行所:実業之日本社
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784408537146

     

    『屍人荘の殺人』(今村昌弘/東京創元社)

    屍人荘の殺人
    著者:今村昌弘
    発売日:2017年10月
    発行所:東京創元社
    価格:1,836円(税込)
    ISBNコード:9784488025557

     

    『騙し絵の牙』(塩田武士/KADOKAWA)

    騙し絵の牙
    著者:塩田武士 大泉洋
    発売日:2017年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784040689043

    大泉洋が“小説”で初主演!?『罪の声』の塩田武士による新感覚の社会派小説『騙し絵の牙』

     

    『たゆたえども沈まず』(原田マハ/幻冬舎)

    たゆたえども沈まず
    著者:原田マハ
    発売日:2017年10月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784344031944

     

    『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)

    盤上の向日葵
    著者:柚月裕子
    発売日:2017年08月
    発行所:中央公論新社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784120049996

     

    『百貨の魔法』(村山早紀/ポプラ社)

    百貨の魔法
    著者:村山早紀
    発売日:2017年10月
    発行所:ポプラ社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784591142721

     

    『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)

    星の子
    著者:今村夏子
    発売日:2017年06月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784022514745

    担当編集者による作品ガイドを公開中!
    読む人ごとに、さまざまな感想がある――今村夏子待望の新作『星の子』




    タグ
    Pocket

  • dokugaku

    dokugaku
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る