• 恋愛や人生がうまくいかない人へ……自称“メンヘラキャバ嬢”みやめこの言葉が重すぎる件

    2018年01月19日
    楽しむ
    日販 仕入部 福本
    Pocket

    「彼氏とどれくらいの頻度で会いたいか?」という話題で盛り上がっているときに、

    「え~? 私はそんなに会わなくても平気かな。」

    と見栄を張り、自分の気持ちにふたをしてしまう人、いませんか? 実は私がそのタイプ。女子会で恋愛について赤裸々に語るなんてできないし、強がってしまう……。公の場では、どうしてもサバサバしたキャラクターを演じてしまうのです。

    でも、恋人がいればできるだけ会いたいし、離れているときは連絡が欲しいし、彼がほかの女性と仲良くしていたら嫉妬するし……、実は人並み(以上?)に面倒くさい性格だったりします。ときには、「このくすぶる内面を吐き出して、共感してもらいたい!」という思いに駆られることも。

    そんな女子の底知れぬ情熱や、愛欲や、ドロドロした感情を代弁するかのようなツイートで人気を博しているのが、自称“メンヘラキャバ嬢”のみやめこさん。現在、Twitterアカウントのフォロワー数は27万人を突破しています。

    1月18日(木)、そんなみやめこさんの2冊目の著作『最初は一緒にいられるだけでよかったのにどんどん欲張りになって、だめだ、好きがとまらない』が発売されました。

    最初は一緒にいられるだけでよかったのにどんどん欲張りになって、だめだ、好きがとまらない
    著者:みやめこ
    発売日:2018年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784040697185

     

    女子のドロドロした感情を代弁! 前向きに生きるためのメッセージも収録

    物心ついたときには両親が離婚。15歳で家出してから夜の世界に足を踏み入れ、風俗で働いたこともあるというみやめこさん。『最初は一緒にいられるだけでよかったのにどんどん欲張りになって、だめだ、好きがとまらない』では、美容整形や手首を切った経験などにも触れながら、彼女を通りすぎていった男性にまつわる恋愛のあれこれが綴られています。

    セックスは愛を確かめる方法じゃないのに、でもそれでしか愛を確かめられないっていう矛盾をずっと抱えてる。
    頭では理解してんのに、やっぱりまた繰り返すんだろう。セックスなんてただの作業なのに、その行為で愛されてるって思い込もうとしてるのはなんでだろう。

    (本書p.23より引用)

    風俗行かれるよりキャバクラ行かれる方が無理だしキャバクラ行かれるより地元の女と遊ばれる方が無理だし地元の女と遊ばれるより元カノと連絡とられる方が無理だけど、とりあえず全部無理です。

    (本書p.35より引用)

    つ、つらい……! 恋愛経験が豊富なみやめこさんの綴るエピソードの中には、自分のトラウマと重なるような部分もあったりなかったり。読んでいると、つい死にたくなってしまいます。しかしこの重さが、みやめこさんの人気の秘訣なのかもしれません。

    みやめこさんの友人関係や家族関係についても触れられている本書。それぞれのエピソードや吐露される感情こそ重いものの、全体に散りばめられたユーモアが読み口を軽くしてくれます。そして、ネガティブに沈み込むばかりではなく、前向きに生きるためのアドバイスも収録されています。

    トラウマと真面目に向き合うとか自殺行為だから
    死にたくなったらとりあえず寝ろ

    (本書p.128より引用)

    本当に愛してるなら「奪う」んじゃなくて「与える」ことをしなよ。自分が満たされることばっか考えないで相手を満たしてあげなよ。奪ったら奪われる与えたら与えられる。これ基本でしょ。

    (本書p.155より引用)

    これから恋愛を経験しそうな中高生に対しては、「自分の体を大切に」という強いメッセージを発信。「遊んだ男の子とワンチャンやっちゃうとか、キャバとか風俗とか」を経験していたら、本当に好きな人ができたときに「こんな汚れた私ですみません、って本当に後悔した」そうです。

    また、大人の火遊びである不倫についても、「嫁はマジ最強。勝てません」と警鐘を鳴らしています。経験に裏打ちされた言葉だからこそ、非常に説得力がありますね。

    前作『好きとか遊びとか本気とか浮気とか駆け引きとか、もうどうでもいいから愛してくれ』を未読の方は、あわせて手にとってみてください。

    好きとか遊びとか本気とか浮気とか駆け引きとか、もうどうでもいいから愛してくれ
    著者:みやめこ
    発売日:2017年04月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784040691343

    あわせて読みたい
    本当に好きなら、嫌なところも含めて愛そうと思える。0号室『がんばる理由が、君ならいい』発売
    Twitter発!大人のためのエッセイ『いつか別れる。でもそれは今日ではない』が話題!




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る