• 「夏の文庫100冊」では何が売れるのか?定番の作品か、それとも最近の話題作か

    2015年09月05日
    楽しむ
    ほんのひきだし記者 櫛田
    Pocket

    涼しい日が多くなり、そろそろ夏も終盤となりました。「ほんのひきだし」でフェア開始時にご紹介した、書店の夏の風物詩「夏の文庫100冊」も終盤を迎え、各社の売上ランキング速報版が届いています。

    カドフェス・ナツイチ・新潮文庫の100冊《夏の文庫100冊総まとめ》

    さて、人気があったのは定番の文芸作品なのか、最近の話題作なのか?さっそく見てみましょう!

     

    まずは角川文庫「カドフェス2015」から

    順位 書名 著者
    1 ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾
    2 大泉エッセイ 大泉洋
    3 告白予行練習 藤谷燈子
    4 ピンクとグレー 加藤シゲアキ
    5 こゝろ 夏目漱石
    6 時をかける少女 筒井康隆

    超人気ミステリー作家・東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が堂々の第1位です!なお、文庫版が発売されたのは昨年冬。発売後わずか1週間で累計90万部を突破したことで当時話題になりましたが、今回「夏の100冊」にラインナップされたことで、まだ読んでいなかった方が『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に出会ったということなのではないでしょうか。

    ナミヤ雑貨店の奇蹟
    著者:東野圭吾
    発売日:2014年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784041014516

    悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが…。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

    (BOOKデータベースより)

    注目は藤谷燈子さんの『告白予行練習』。こちらはなんと「曲を小説化したもの」で、ニコニコ動画で絶大な人気を誇るHoneyWorksの代表曲「告白予行練習」がもとになっています。

    告白予行練習
    著者:HoneyWorks 藤谷燈子
    発売日:2014年02月
    発行所:KADOKAWA
    価格:626円(税込)
    ISBNコード:9784041012031

    主人公は女子高生。想いを寄せている幼なじみに対して素直になれず、「告白の練習相手だ」と気持ちをごまかしているうちに、部活仲間と三角関係になってしまう……という胸キュン青春ストーリーです。購入者は10代の女性が約4割、次いで母親世代の40代女性が約3割を占めます。

    なお『告白予行練習』は、『ヤキモチの答え』『初恋の絵本』『今好きになる。』とシリーズで続きます。

    青春といえば、『時をかける少女』もしっかりランクインしていますね。「夏といえば ”時かけ”」というイメージをお持ちの方も多いかと思います。メインキャラクターでもある細田守監督最新作「バケモノの子」公開にあわせて、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」では「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「時をかける少女」が3週連続で放送されましたね。

     

    続いて集英社文庫「ナツイチ2015」!

    順位 書名 著者
    1 人間失格 太宰治
    2 マスカレード・ホテル 東野圭吾
    3 マスカレード・イブ 東野圭吾
    4 短編工場 浅田次郎、伊坂幸太郎 他
    5 午前0時の忘れもの 赤川次郎
    6 下鴨アンティーク 白川紺子

    お笑いコンビ・ピースの又吉さんが「影響を受けた本」として紹介したことで話題になった、太宰治『人間失格』。ナツイチでは今年のメインキャラクター・三代目J Soul Brothersの山下健二郎さんが表紙の限定デザインだったこともあり、売れ行き好調でした。

    人間失格
    著者:太宰治
    発売日:1990年11月
    発行所:集英社
    価格:281円(税込)
    ISBNコード:9784087520019

    また、カドフェスでも人気だった東野圭吾作品がこちらでも上位に!「マスカレード」シリーズが『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』の2作ともランクインしています。

    マスカレード・ホテル
    著者:東野圭吾
    発売日:2014年07月
    発行所:集英社
    価格:821円(税込)
    ISBNコード:9784087452068

    マスカレード・イブ
    著者:東野圭吾
    発売日:2014年08月
    発行所:集英社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784087452167

     

    最後は「新潮文庫の100冊 2015」!

    順位 書名 著者
    1 人間失格 太宰治
    2 こころ 夏目漱石
    3 星の王子様 サン=テグジュペリ
    4 旅のラゴス 筒井康隆
    5 魔術はささやく 宮部みゆき
    6 白いしるし 西加奈子

    なんと新潮文庫の100冊でも太宰治『人間失格』が第1位!又吉さんの効果がここでも出ました。

    人間失格 改版
    著者:太宰治
    発売日:2006年01月
    発行所:新潮社
    価格:302円(税込)
    ISBNコード:9784101006055

    ただナツイチと異なるのは、夏の文庫100冊では定番の夏目漱石『こころ』やサン=テグジュペリ『星の王子さま』がトップ3を占めているところです。

    なお、『人間失格』『こころ』については「新潮文庫の100冊」限定のプレミアムカバーがついています。かわいい新キャラクター・QUNTA(キュンタ)のしおりとプレミアムカバーの両方を手に入れた方が多くいらっしゃったということですね。

    同じくプレミアムカバーがついていたのは、マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』(訳:柴田元幸)、遠藤周作『沈黙』、ライマン・フランク・ボーム『オズの魔法使い』(訳:河野万里子)、三島由紀夫『金閣寺』、谷崎潤一郎『春琴抄』、星新一『ボッコちゃん』の6作。これらの売れ行きも気になります。

    カドフェス・ナツイチ・新潮文庫の100冊《夏の文庫100冊総まとめ》」で「文庫担当者の気になる一冊」としてご紹介した西加奈子さんの『白いしるし』は第6位。

    白いしるし
    著者:西加奈子
    発売日:2013年07月
    発行所:新潮社
    価格:497円(税込)
    ISBNコード:9784101349572

    西加奈子さんは『サラバ!』で前回(第152回)直木賞を受賞したほか、「アメトーーク!」読書芸人特集で又吉直樹さんに紹介され、注目され続けている作家さんです。

    〉“読書芸人”放送で文芸書に大波が!「アメトーーク!」の多大なる影響

    『白いしるし』は、32歳の独身女性が主人公。遠ざけていた恋が再び走り出したものの、決して自分のものにならない相手に胸の痛みを募らせる……というストーリーで、20~30代女性から圧倒的支持を得ています。西さんがテレビ出演したこともあり、注目の1冊となりました。

     

    いかがでしたか?途中経過ではありますが、一口に「夏の文庫100冊」といってもそれぞれに異なる傾向があるようですね。
    文中で触れましたが、「夏の文庫100冊」に選ばれていたからこそ多くの方が手に取った作品も少なくありません。

    来年の100冊のラインナップが今から楽しみですね。

    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る