• 【速報】Twitterユーザーが選んだ2017年のおすすめ漫画は?「俺マンガ大賞2017」BEST10発表!

    2018年01月13日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    Twitterユーザーが選んだおすすめ漫画「俺マン2017」ランキング発表!

    1年間に読んだ漫画の中から面白かったものを選び、Twitterで共有する“超個人的な”年間ベスト企画「俺(が選ぶ)マンガ大賞」、通称「俺マン」。選定基準・参加資格なし、参加者の独断と偏見で選ばれた作品群が、得票数によって順位づけされて毎年発表されています。

    そして本日1月13日(土)、第7回となる今回の集計結果が、文禄堂高円寺店で開催された「#俺マン2017 ナイト」にて発表されました。

    それではさっそく、発表されたばかりの「俺マン2017」ランキングのBEST10を見ていきましょう!

     

    第9位 ※2作品が同数票

    『鬼滅の刃』(既刊9巻)

    鬼滅の刃 1
    著者:吾峠呼世晴
    発売日:2016年06月
    発行所:集英社
    価格:432円(税込)
    ISBNコード:9784088807232

    舞台は、大正日本。
    炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した。
    唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻す為、また家族を殺した鬼を討つ為、2人は旅立つ。
    鬼才が贈る、血風剣戟冒険譚!

    週刊少年ジャンプ公式サイト『鬼滅の刃』より)

    『鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、新進気鋭の漫画家・吾峠呼世晴さんの連載デビュー作。2016年2月より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている和風ダークファンタジーです。前回の「俺マン2016」では第13位を獲得しており、今回さらに順位をあげてのランクインとなりました。

    連載開始当初は個性の強い絵柄と暗い内容から「ジャンプらしくない」との評価もありましたが、熱く切ないストーリー、独特の台詞回しとギャグセンスがじわじわ人気を集め、2017年に入ってから単行本の売上も大きく伸びています。

    〉『鬼滅の刃』の試し読みはこちらから

     

    『3月のライオン』(既刊13巻)

    3月のライオン 1
    著者:羽海野チカ
    発売日:2008年02月
    発行所:白泉社
    価格:504円(税込)
    ISBNコード:9784592145110

    その少年は、幼い頃すべてを失った。夢も家族も居場所も――。この物語は、そんな少年がすべてを取り戻すストーリー。その少年の職業は――やさしさ溢れるラブストーリー。

    白泉社公式サイト『3月のライオン』より)

    「2011年マンガ大賞」を受賞し、アニメ化、実写映画化も果たした『3月のライオン』。もはや説明不要とは思いますが、本作は『ハチミツとクローバー』で知られる羽海野チカさんによる、将棋がテーマの漫画です。幼い頃に家族を失い、孤独を抱えたまま暮らしてきた17歳のプロ棋士・桐山零の成長が描かれています。

    いわゆる“漫画読み”はおすすめ作品を選ぶときに、受賞歴のある作品や映像化された作品を避ける傾向がありますが、『3月のライオン』に関しては「それでも選ばれてしまう」という表現がぴったりでしょう。その面白さ・支持の高さにはすごみさえ感じます。

    〉『3月のライオン』の試し読みはこちらから

     

    第8位

    『悪魔を憐れむ歌』(既刊2巻)

    悪魔を憐れむ歌 1
    著者:梶本レイカ
    発売日:2017年05月
    発行所:新潮社
    価格:691円(税込)
    ISBNコード:9784107719737

    雷鳴の中、災厄の扉が開かれる――8年前に起こった「箱折連続殺人事件」を追う刑事・阿久津亮平は優秀な医師・四鐘彰久と知り合う。その出会いがまさに新たな運命の扉を開くのだった…。「コオリオニ」の鬼才・梶本レイカが満を持して送る黙示録クライムスサスペンス、ここに開幕!!

    コミックバンチweb『悪魔を憐れむ歌』より)

    BL漫画『コオリオニ』で「俺マン2016」衝撃の第1位を獲得した、梶本レイカさんの最新作『悪魔を憐れむ歌』。梶本さんは『コオリオニ』刊行後の2016年3月に活動休止を発表していましたが、本作で待望の復活となりました。

    『悪魔を憐れむ歌』は、殺害後遺体が箱のように折り畳まれていることから「箱折(はこおり)事件」と呼ばれている、凄惨な連続猟奇事件をめぐるクライムサスペンス。残酷な暴力シーン、緻密なキャラクター設定、登場人物らが絡み合うような練りに練られたストーリーは本作でも健在。続巻が待ち遠しい作品です。

    〉『悪魔を憐れむ歌』の試し読みはこちらから

     

    第7位

    『宝石の国』(既刊8巻)

    宝石の国 1
    著者:市川春子
    発売日:2013年07月
    発行所:講談社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784063879063

    今から遠い未来、僕らは「宝石」になった。彼ら28人は、襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。漫画界で最も美しい才能が描く、戦う宝石たちの物語。

    アフタヌーン公式サイト モアイ『宝石の国』より)

    2017年10月にアニメ化された『虫と歌』や『25時のバカンス』で知られる、市川春子さんによるアクションファンタジー。不死の身体をもつ人型の“宝石”たちと、月から飛来する謎の敵“月人”との激しい戦いを描いた作品です。

    以前より「フルカラーで見たい!」という声があがっていた『宝石の国』。今回のアニメ化で色が加わり、宝石たちの外見的特徴がつかみやすくなったことも新たなファンの獲得に一役買ったようです。

    アニメ化効果は最大10.2倍!2017年秋アニメの原作コミック売上ランキングベスト5

    〉『宝石の国』の試し読みはこちらから

    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • dokugaku

    dokugaku
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る