• 欅坂46センター 平手友梨奈の「孤独」とは?『Quick Japan』Vol.135

    2018年01月02日
    楽しむ
    日販 仕入部 福本
    Pocket

    2015年の活動開始以来、洗練された楽曲とクールなパフォーマンスでファンを増やしてきた欅坂46。独特の振付や個性的な衣装も注目されています。

    さらに昨年12月からメンバーのソロ写真集が解禁。渡辺梨加さんの『饒舌な眼差し』、長濱ねるさんの『ここから』が発売されたことで話題になりました。

    飛ぶ鳥を落とす勢いでトップアイドルに登りつめた彼女たちの素顔とは? 2017年12月25日(火)、欅坂46を120ページもの大ボリュームで特集した『Quick Japan』Vol.135が発売されました。

    クイック・ジャパン vol.135
    発売日:2018年01月
    発行所:太田出版
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784778316112

     

    センター・平手友梨奈の「孤独」とは?

    巻頭を飾るのは、メンバーのグラビア。1stシングル「サイレントマジョリティー」のイメージに連なる、どこか影のある表情が印象的です。

    続くインタビューでは、1期生のなかで1人遅れて加入し、昨年けやき坂46を離れ欅坂46の専任となった長濱ねるさん、活動休止から復帰した今泉佑唯さんなどが登場。2017年のグループを象徴するメンバーが胸の内を明かしています。

    注目したいのは、今までにリリースされた全てのシングルでセンターを務める平手友梨奈さんの言葉。鋭く、繊細な感性の持主であることを感じさせる一方で、“表現”に対する力強い想いが込められています。特に、話題が「孤独」というテーマに及んだ場面では、欅坂46の魅力である「儚さ」と「強さ」の二面性のルーツをうかがい知ることができます。

    自分が孤独を感じていないと、同じような気持ちを抱えている十代の子に届けられないんじゃないかなって。(中略)今、切ない思いをしている子に届けばいいなって思ってます。

    (本書p.64より引用)

    私、別にかっこいいとか可愛いって思われたいから欅坂をやっているわけじゃなくて……。人間のできることなら覗かれたくない感情やなかなか素直に表に出せないなにかを表現したいんです。

    (本書p.64より引用)

    また、欅坂46の活動を支えるスタッフの面々もインタビューに登場。総合プロデューサーで全ての作詞を手がける秋元康さん、欅坂46運営委員会委員長の今野義雄さん、チーフマネージャーの茂木徹さん、A&R担当の森槙一郎さん、振付師のTAKAHIROさんに加え、番組共演者として土田晃之さん、ハライチ・澤部佑さん、サンドウィッチマンが名を連ねています。

    そのほか、楽曲解説や衣裳の紹介、けやき坂46メンバーへのインタビューなどを収録。さまざまな角度から欅坂46を掘り下げた内容で、ファンの方はもちろん、最近グループに興味が湧いた方まで必読の一冊です。

    クイック・ジャパン vol.135
    発売日:2018年01月
    発行所:太田出版
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784778316112

    あわせて読みたい
    欅坂46 長濱ねるの透けブラウスがセクシー!1st写真集『ここから』には初の水着姿も収録




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る