• 新旧のブスを類型化!「肉巻きおにぎりブス」ってどんなブス?カレー沢薫『ブスのたしなみ』

    2017年12月13日
    楽しむ
    日販 仕入部 福本
    Pocket

    ブス!

    口に出すのはもちろん、こうして文字にするのもはばかられる、とても破壊力のある言葉です。人に対して使ってはいけない言葉であることは、いうまでもありません。

    「ブスに厳しいブス」を自負するOL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんは、Webサイト「cakes」の連載「ブス図鑑」で、この「ブス」という概念に真っ向から向き合い、2016年11月に単行本『ブスの本懐』として上梓。『ブスの本懐』は雑誌「ダ・ヴィンチ」主催の「BOOK OF THE YEAR 2017」でエッセイ・ノンフィクションランキング第9位に選ばれるなど、大きな反響を呼びました。

    12月7日(木)に発売された『ブスのたしなみ』は、前作『ブスの本懐』に続く第2弾です。

    ブスのたしなみ
    著者:カレー沢薫
    発売日:2017年12月
    発行所:太田出版
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784778316044

     

    新旧のブスを類型化! 「肉巻きおにぎりブス」とは……?

    「ブス図鑑」で、“1日1ブス”をテーマに、既存・新種あわせて多種多様なブスを類型化したカレー沢さん。『ブスのたしなみ』は、そんな執筆の集大成ともいうべき、実にさまざまなブスを紹介した一冊です。

    例えば、「肉巻きおにぎりブス」は、本書が新たに定義するブスの一種。「肉巻きおにぎり」とは、おにぎりを海苔の代わりに肉で巻いたもので、一見豪快に見えますが、実は「巻く」という意外に手間のかかる作業が必要な食べ物です。

    つまり「肉巻きおにぎりブス」とは、「化粧がストロングスタイルのブス」のこと。ナチュラルメイクのように巧妙なグラデーションをほどこしたメイクではなく、化粧の境界がはっきりしたメイクをしているブスを指しています。

    決して化粧が下手なわけではなく、きっちり左右対称、1ミリもはみ出さずにメイクを仕上げる技術をもつ人物。大胆かつ繊細な神経の持ち主。それでいてブス! これこそが、「肉巻きおにぎりブス」なのだそうです。

    このように、実際に存在している“ある種”の人々を指して、次々に「ブス!」とバッサリ切っていく『ブスのたしなみ』。読者を地獄に落としかねない、恐るべきパワーワードが連発される本書ですが、「ブス」な私でも読んでいるとなぜか元気が出てくる不思議な一冊です。

    普段から息をひそめて生きているブスも、カレー沢さんにかかればウィットに富んだ表現で表舞台に引きずり出されてしまいます。そんな彼女の表現力に敬服するとともに、“こんな自分にもスポットライトを当ててくれた”と感じられるからかもしれません。

    (自分が「ブス」だから言いますが)美人よりもブスのほうが、「面白さ」という点では人生の勝者なのではないでしょうか? 自分がブスであることを悲観するくらいなら、受け入れて面白おかしく生きていくのも1つの処世術だと思います。

     

    あなたは「何ブス」? 「ブスタイプ診断」Web公開中

    本書の冒頭には、自分が「何ブス」かを判定できる、「ブスタイプ診断チャート」がついています。Web上でも診断を受けられますので、ぜひチェックしてみてください。

    「ブスタイプ診断」はこちら

    前作『ブスの本懐』を未読の方は、2冊あわせてどうぞ!

    ブスの本懐
    著者:カレー沢薫
    発売日:2016年11月
    発行所:太田出版
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784778315474




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る