• クリスマスに小さな社会貢献しませんか?子どもたちに絵本と“クリスマスの思い出”を届けるプロジェクト「Book Santa」が始動

    2017年11月10日
    楽しむ
    Book Santa 2017事務局
    Pocket

    あなたも誰かのサンタクロースに

    2017年11月1日(水)より、厳しい環境に置かれた子どもたちのもとへ、ボランティアのサンタクロースたちが直接クリスマスプレゼントを届けに行くBook Santa 2017というプロジェクトがスタートしました。

    朝目が覚めると枕元にプレゼントがあって、夜中にやってきたのであろうサンタクロースを想像したり、うきうきしながらプレゼントの包みを開けたりする喜び。

    「Book Santa」は、そんな“クリスマスの楽しい思い出”を届けることを目的とした、今年初めて行なわれるプロジェクトです。

     

    7人に1人の子どもが「貧困」?

    貧困と聞くと、「着るものがない」「食べるものがない」などの“見た目で分かる貧困”を想像する方が多いかもしれません。

    しかし、日本では実に7人に1人の子どもが〈相対的貧困〉と呼ばれる状況にあるのをご存じでしょうか?

    〈相対的貧困〉とは、国全体の平均所得に対して所得が半分以下である状態を指しています。「まわりの友達と同じように行事を楽しめない」「将来を選べない」など、見た目には分かりにくいのが、この〈相対的貧困〉です。

    また、そんな子どもたちの中には「働かなければならずクリスマスイブを一緒に過ごせない」「経済的に余裕がない」といった家庭の理由によって、クリスマスの思い出が不足している子どももいます。

    「Book Santa 2017」の対象は、そんな相対的貧困の状況にある子どもたち。対象書店・サイトを通じて購入・寄付された絵本を、各家庭に、ボランティアのサンタクロースたちが届けます。

     

    プレゼントする絵本の購入・寄付を募集中!

    「Book Santa 2017」では現在、子どもたちへプレゼントするための絵本の購入・寄付を受付中です。

    株式会社リブロが運営する書店(リブロ、よむよむ、パルコブックセンター/※一部店舗を除く)、オンライン書店「Honya Club.com」、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」のいずれかで購入・寄付すると、サンタクロースに扮したボランティアスタッフが、各家庭へクリスマスイブに絵本を届けます。

    また寄付に参加した方には、参加ステッカーとサンクスレターが届きます。

    サンクスレターには、プロジェクト報告サイトのURLが記載されており、プロジェクトの進行状況や実施結果が見られるようになっています。

    こちらでは、
    「ボランティアサンタクロースたちを教育する講習が始まりました!」
    「今から絵本を届けにいってきます!」
    「子どもたちや保護者からこんな声が届きました」など、“その後”の様子が随時報告される予定です。

    あなたの思いとともに、子どもたちへ絵本を届ける「Book Santa 2017」。この機会に参加してみてはいかがでしょうか?

    なお寄付の募集期間は、クリスマスイブの12月24日(日)までとなっています。

     

    「Book Santa 2017」実施概要

    募集期間:
    2017年11月1日(水)~12月24日(日)

    寄付の方法:
    ・書店店頭で購入し寄付を申し込む(対象店舗を見る
    ・オンライン書店で購入し、寄付する(Honya Club.com
    ・クラウドファンディングサイトを通じて寄付する(CAMPFIRE

    お届け日:
    2017年12月24日(日)
    ※期間中に子どもの人数より多く集まった絵本、または購入日の都合によりお届け日に間に合わない一部の絵本は、来年以降のお届けとなる可能性があります。あらかじめご了承ください。

    お届け先の対象:
    全国の0~10歳の子どもたち
    ※経済的に厳しい家庭や、災害で被害に遭い仮設住宅に住む家庭の子どもなどが対象となります。

    公式サイト:
    https://booksanta.charity-santa.com/

    共催:NPO法人チャリティーサンタ、日本出版販売株式会社
    協力:株式会社リブロ

    ※NPO法人「チャリティーサンタ」が派遣するサンタクロースは、随時募集中です。詳しくはこちらをご覧ください。




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る