• 生田斗真の“神対応”を見逃すな!「先生! 、、、好きになってもいいですか?」胸キュンシーンのメイキング映像が解禁

    2017年10月27日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    予告編の公開以来、“胸キュン”シーンが大反響を呼んでいる映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」。

    いよいよ明日10月28日(土)に公開を控え、特に反響の大きかったシーンの撮影現場の様子を収めたメイキング映像が解禁されました!

    公開されたのは、社会科準備室で響(広瀬すず)が伊藤先生(生田斗真)に「好きになってもいい?」と告白するシーンと、雨の中、響が涙を流しながら「振り向いてもらえなくても、今は一番好きな人を好きでいたい……!」と吐露する切ないシーン。

    広瀬すずさんによる迫真の演技と、ときめかずにはいられない生田斗真さんの“神がかり的な気配り”に要注目です!!

    ▼「先生! 、、、好きになってもいいですか?」メイキング映像

    厳しい寒さ、そして散水車が降らす大量の雨の中で撮影されたという雨のシーン。メイキング映像の最後に一瞬映る「カット!」の声と同時に、広瀬すずさんの頭を優しくポンと撫でる生田斗真さんの気配りは、スタッフはもちろん広瀬さん自身の心もときめかせたそう。さりげなくも温かい仕草は、まさに“リアル伊藤先生”です。

    そんな“伊藤先生”の顔をほころばせたのが、伊藤先生をまっすぐに思う響を演じた広瀬さんの芝居。ほどよく緊張感が漂う撮影現場で一切ブレない集中力を見せ、「先生……好きになっても、いい?」と問う“響”の姿に、生田斗真さんも「これは惚れちゃうよね」と思わず笑顔でつぶやいたのだとか。

    初共演でありながら最高の相性を感じさせる、生田斗真さんと広瀬すずさん。2人の演じる伊藤先生と響の恋はもちろん、交錯するさまざまな片思いのゆくえにも注目してみてくださいね。

    映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」は10月28日(土)公開。ほんのひきだしでは明日、“恋愛映画の名手”三木孝浩監督へのインタビューを公開します。映画の裏話なども伺ってきましたので、こちらもお楽しみに!!

    三木孝浩監督インタビューはこちら

    映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」
    原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)(※1996年~2003年)
    主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ)
    監督:三木孝浩 脚本:岡田麿里
    出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ
    製作:映画「先生!」製作委員会
    配給:ワーナー・ブラザース映画
    sensei-movie.jp

     

    おすすめ関連記事

    生田斗真・広瀬すず出演!570万部突破の大ヒット少女漫画『先生!』が実写映画化
    広瀬すず演じる“響”が瞬殺レベルの可愛さ!映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」のあらすじ・見どころを徹底紹介!

    先生! 1
    著者:河原和音
    発売日:2006年08月
    発行所:集英社
    価格:713円(税込)
    ISBNコード:9784086185035

    ©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る