• 「本3.0―本と教養とビジネス」最終回ゲストは北方謙三 なぜ男は本を読むべきか、歴史を学ぶべきかを語る

    2017年10月25日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    2017年5月にTSUTAYAとNewsPicksがスタートしたシリーズイベント「本3.0―本と教養とビジネス」が、11月21日(火)開催の第4弾で最終回を迎えます。

    第4弾の特別ゲストは北方謙三さん! 累計1,000万部突破の「大水滸」シリーズをはじめ、中国歴史大河小説やハードボイルド小説で絶大な人気を誇る北方さんが、「なぜ男は本を読むべきか、歴史を学ぶべきか」をテーマに熱いトークを繰り広げます。

    参加申し込みは「NewsPicksアカデミア」にて受付中。イベントは、東京都渋谷区のTSUTAYA本社オフィスにて行なわれます。

    〉イベントページ
    https://newspicks.com/academia/

    「本3.0―本と教養とビジネス」
    株式会社TSUTAYAと、「NewsPicks」を運営する株式会社ニューズピックスによるシリーズイベント。紙だけしかなかった時代を「本1.0」、紙と電子が分離していた時代を「本2.0」と捉え、来たる「本3.0(=紙と電子とウェブとリアルな体験が融合した時代)」において本のかたちがどう変わっていくのか、本の持つ“普遍的価値”とは何か、本を中心としたメディアビジネスはどう変わるのかといった疑問・課題のもと、新しい本の創り方・売り方に挑戦するリーダーをゲストに招き開催されている。

    第1弾:「本はコミュニティの入り口になる」
    ・ゲスト:佐渡島庸平(編集者、コルク代表取締役社長)
    ・TSUTAYAスピーカー:根本浩史(株式会社TSUTAYA取締役)

    第2弾:「文芸と教養」
    ・ゲスト:矢野優(文芸誌「新潮」編集長)、中瀬ゆかり(新潮社出版部部長)

    第3弾:「テクノロジーで出版はどう変わるのか」
    ・ゲスト:加藤貞顕(ピースオブケイク代表取締役CEO)、NHK出版編集長
    ・TSUTAYAスピーカー:小野雄一(株式会社TSUTAYA首都圏カンパニーBOOKユニット長)




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る