• 24時間営業のブックカフェを併設した“読書のためのホテル”が名古屋に来年2月オープン「ランプライトブックスホテル名古屋」

    2017年10月23日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    2018年2月20日(火)、「本の世界を旅するホテル」をテーマにした宿泊施設が愛知県名古屋市にオープンします。

    ホテルの名前は、「ランプライトブックスホテル名古屋」。場所は名古屋市営地下鉄東山線・鶴舞線の「伏見駅」から徒歩3分ほどで、名古屋駅へもすぐに出られます。

    1階には24時間営業のブックカフェがあり、「旅」と「ミステリー」を中心とした約3,000冊の本と、書籍がいつでも購入できます。席数は30席ほど。こちらは宿泊客以外も利用可能です。

    また、客室にもホテルおすすめの本が置かれ、目に優しい照明、読書専用ソファといった“快適に本を読むための客室”で、ゆっくりとした読書時間が楽しめます。部屋はシングルを中心に、全部で70室。8,000円から宿泊可能です。

    「ランプライトブックスホテル名古屋」で選書およびディスプレイを担当したのは、「マルノウチリーディングスタイル」や「スタンダードブックストア」などを運営するリーディングスタイル株式会社。ホテル・書店・カフェは、チサンホテルやロワジールホテルなどを展開するソラーレホテルズアンドリゾーツ株式会社の直営です。

    ランプライトブックスホテル名古屋
    〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目13-18
    Tel:052-231-7011
    Mail:lbh@solarehotels.com

    https://www.lamplightbookshotel.com/nagoya/




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る