• 堀尾省太『刻刻』のTVアニメ化決定!時が止まった世界での壮絶な闘いを描くSFサスペンス

    2017年10月17日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    堀尾省太『刻刻』のTVアニメ化が決定!

    堀尾省太さんの漫画『刻刻』(こっこく)がTVアニメ化され、2018年1月より放送されることが決定しました。

    刻刻 1
    著者:堀尾省太
    発売日:2009年08月
    発行所:講談社
    価格:761円(税込)
    ISBNコード:9784063728224

    『刻刻』は、現在「モーニング・ツー」(講談社)で『ゴールデンゴールド』を連載中の堀尾省太さんによるSFサスペンス漫画。森羅万象の時を止めたうえで世界を自在に動くことのできる“止界術”をめぐる、ごく普通の一家と謎の宗教団体との闘いを描いた作品です。

    本作は2008年から2014年まで「モーニング・ツー」で連載され、独特の世界観と息の詰まるような展開で連載当初から人気を獲得、「マンガ大賞2011」にもノミネートされました。単行本は全8巻で刊行されています。

    試し読みはこちら

    今回の発表にあわせて、TVアニメ「刻刻」の公式サイトがオープン。キービジュアルやティザーPV第1弾も公開されています。

     

    アニメ「刻刻」のスタッフ、キャスト、放送スケジュールは?

    アニメ「刻刻」の監督は、「ギャラクシーエンジェル」シリーズや「セイクリッドセブン」で知られる大橋誉志光さん。キャラクター原案は梅津泰臣さん、アニメ制作は映画「虐殺器官」を手がけたジェノスタジオが務めます。

    また主題歌には、MIYAVIさんとKenKenさんによるコラボレーション曲「Flashback」が決定。音源は10月20日(金)オンエアの「AVALON」(J-WAVE)で初解禁されます。

    そしてキャストは、佑河家の長女・樹里役に安済知佳さん、じいさん役に山路和弘さん、父・貴文役に辻谷耕史さん、樹里の兄・翼役に野島裕史さん、樹里の甥・真役に岩田龍門さんが決定。敵対する宗教団体「真純実愛会」の登場人物については、佐河順治役で郷田ほづみさん、間島翔子役で瀬戸麻沙美さん、潮見役で内田夕夜さん、迫役で吉野裕行さんが出演します。

    アニメ「刻刻」の放送局・放送スケジュールは、TOKYO MX、BS11にて、2018年1月より毎週日曜24時30分オンエア予定となっています。

     

    『刻刻』著者・堀尾省太さん、大橋誉志光監督のコメントが到着

    今回の『刻刻』アニメ化発表にあたり、原作者の堀尾省太さん、監督を務める大橋誉志光さんから、アニメの高い完成度を期待させるコメントが届いています。

    堀尾省太さんのコメント
    先日、制作途中のものを拝見し、漫画で描きたかった雰囲気を共有できていると思いました。例えば、カヌリニが出てくるシーン。漫画では西日を浴びた赤松をイメージして描きましたが、白黒なので、頭のなかで省略して表現した部分もあります。アニメでは、それがかなり近い形で再現されていました。同じ風景を見て、受け取る印象までも同じだった、という感じです。そんな製作陣の皆さんの技量に敬服しつつ、アニメ『刻刻』の放送、今からとても楽しみにしています。

    大橋誉志光さんのコメント
    正に刻刻と変わっていく人間模様と、本来は動かすことが命題のアニメーションが描き出す静止した世界(案外大変なんですコレ)。原作同様、次のお話が待ち遠しい事、請け合いです。オンエアーをお楽しみに。。

    ***

    知る人ぞ知る名作SFサスペンス『刻刻』待望のアニメ化です。アニメのティザーPVを見ると、主人公の樹里のビジュアルが少し変わっていますが、じいさんや貴文などほかのキャラクターは、原作の雰囲気に近い感じになっていますね。最後に登場するカヌリニの不気味な存在感も、ファンにはたまらない完成度です。

    また、見どころとなるのが「時の止まった世界と、そこで動く人を同時に描く」という難易度の高い表現を、著者の堀尾省太さんが静止画(=漫画)で描いたのに対し、アニメ制作陣がどのように実現するのかということ。“動いてこそ”のアニメでこの世界観がどう表現されるのか、大変楽しみです。

    サスペンス、SF、アクション、ホラーといったさまざまな要素がてんこ盛りのエンタテイメント作品『刻刻』。1月のアニメ放送開始を楽しみに待ちましょう!




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る